Drug Discovery & Therapy World Congress 2015

July 22 - 25, 2015, Boston, MA, USA

Drug Discovery & Therapy World Congress 2015 - 世界の創薬・薬物治療学会 2015年 -
2015年7月22 - 25日
米国、マサチューセッツ州、ボストン

この国際学会では、医薬品業界の科学者、内科医、プライマリーケア医師のすべての皆様が創薬と新たな治療法における国際的に重要なブレークスルーについて話し合うためのプラットフォームを提供します。当学会は、創薬、薬物治療、および展開医療といった総合的分野に焦点を当てる予定です。過去数年、当主催者は同様の学会をアラブ首長国連邦において開催してきました。これらのイベントは成功を収めており、22名を超えるノーベル賞受賞者をはじめとする世界各国の一流の科学者が当学会において研究成果を発表しています。

4日間の日程で開催される学会では、世界の医薬品業界、学術界、および臨床分野から参加する科学者や研究者の方々と交流していただけるほか、活発かつ関心深いディスカッションを行っていただける特別な機会をご用意しております。


歓迎の挨拶

2015年7月22日から25日にボストンで開催されるDrug Discovery & Therapy World Congress 2015は、創薬および薬物治療の分野から世界有数の科学者らが一堂に会し、最新の研究動向について話し合う学会です。当学会は、参加者の皆様に、研究成果を発表し優秀な同業者と交流していただけるだけでなく、ボストンでの知的刺激のある環境をご堪能いただける場を提供します。

Prof. Ferid Murad
Nobel Laureate
Conference Co-President
DDTWC-2015

DDTWCにぜひご参加ください。それぞれの分野の権威の方々に学会中に最新の研究内容をプレゼンしていただくという見逃せないイベントとなるでしょう。また、このイベントを教育の場とすべく、多くの学生も参加する予定です。

Prof. Atta-ur-Rahman, FRS
Conference Co-President
DDTWC-2015

The DDTWC 2013 was of great importance with respect to scientific discoveries and it was a well organized scientific program.

Prof. Aurea Regina Telles Pupulin
Universidade Estadual de Maringá Brazil


The DDTWC was a successful scientific program and a platform to meet numerous Nobel Laureates and some of the top international scientists. It was a great occasion to attend some stimulating lectures and poster presentations. Some of the highlights of the conference I observed were;

A. Administration.
B. Scientifically motivating
C. The venue.
D. Social activities.
E. Personal interaction of organizers with each participant.

Dr. Uranchimeg Otoch
National Cancer Center Mongolia


I found the Drug Discovery and Therapy World Congress 2013 to be an exceptionally well organized and scientifically stimulating conference. The lectures were very engaging, conducted at a high level, and exposed me to a wide variety of relevant topics in drug discovery and pharmacotherapy.

Prof. Antonio Gotto, Jr.
Lewis Thomas University USA


I enjoyed the conference and the whole team.

1. The team was so friendly
2. The venue was nice and appealing.
3. The arrangement was good; however the schedule did not match with some speakers.
4. It was not clear for the poster presenter that there will be evaluation of the best poster on the last day of the conference.
5. The speakers did not cover my field of study (pharmaceutical analysis).

I was so pleased to meet some eminent scientists and the team.

Dr. Nesrine Talaat Lamie
Cairo University Egypt


"A fantastic conference of the highest caliber with ample opportunity to network with world-renowned scientists. A virtual 'high-five' to the conference organizers for their outstanding achievement in making this conference a grand success. I am already looking forward to next year's conference."

Dr. Rathnam Chaguturu
University of Kansas USA


Overall organization was very good; it was a scientifically stimulating event. The conference venue was also pleasing.

Dr. Frida Barak,
Barzilai Medical Center Israel


It was a very nicely organized conference, in an excellent location, with excellent speakers and interesting interactions.

Prof. Illana Gozes,
Tel Aviv University, Israel


The "small meetings" within a meeting format allowed significant and meaningful scientific interactions.

Dr. David Alexander Potter
University of Minnesota United States


The conference was highly organized with respect to the venue and selection of presented scientific topics, if given another opportunity, I wouldn't mind joining the conference again in the upcoming years.

Dr. J. O. Osayande
Flanders Institute of Biotechnology Belgium


With regard to the congress: It was well organised with a challenging and far-reaching scientific agenda. The Hynes Convention Center in Boston is an excellent venue for any scientific congress. I did not attend any social activities but the colleagues were warm and receptive during the meeting.

Dr. Ivor Cowlrick,
Pharma Communications GmbH Germany


It was a pleasure attending the DDTWC; the congress was scientifically sound and fruitful in all respects.
DDTWC was an excellent and successful event., It was a great opportunity for the scientists interested in various scientific fields and also to gain knowledge from the contributions of the eminent participants.
It would be a pleasure to be part of the future conferences.

Dr. Haya abdulwahab Abubshait
University of Dammam Saudi Arabia


It was a great honor to be one of the track-chairs and attend DDTWC in Boston in 2013. The high scientific level, the excellent organization, and the international standard venue located in a very pleasant city, made this a unique event. The high quality sessions promoted exciting discussions between researches from different fields, and led to productive interactions among participants and organizers, in a friendly atmosphere. Congratulations to the organizers!

Dr. Denise de Oliveira Silva
Instituto de Quimica da Universidade de São Paulo Brazil



カンファレンストラック
  • 創薬における学術的CROと産業界の連携
  • 抗癌剤創薬および薬物治療
  • 抗感染薬
  • 生物活性脂質
  • 生物製剤
  • 癌を標的としたドラッグデリバリー
  • 心血管疾患のための創薬および薬物治療
  • 化学
  • 組み合わせ化学
  • 中枢神経系疾患のための創薬および薬物治療
  • 糖尿病および肥満のための創薬および薬物治療
  • ドラッグデリバリーおよび標的設定
  • 前臨床研究における創薬
  • 薬物代謝
  • 実用技術
  • ゲノミクス
  • 医化学のためのグリーンテクニック
  • ハイスループットスクリーニングおよびラボオート―メーション
  • 薬剤標的における注目トピック
  • HIV研究における注目トピック
  • 医化学における注目トピック
  • 天然製品における注目トピック
  • 炎症と免疫学
  • 革新的創薬とナノテクノロジー
  • In-silico薬剤デザインとIn-silicoスクリーニング
  • 医療用画像
  • ニュートラシューティカル創薬および薬物治療
  • 医薬品バイオテクノロジー
  • 医薬品研究開発
  • ファーマコゲノミクス
  • プロセス化学と薬剤製造
  • タンパク質およびペプチド科学
  • プロテオミクスおよびバイオインフォマティクス
  • 肺疾患のための創薬および薬物治療
  • 患者治療およびケアにおける近年の進歩
  • 分光法における近年の進歩
  • 再生医療
  • 生物活性化合物の立体選択的合成
  • 構造生物学
  • 伝統中国医学
  • 展開医療
  • 婦人科疾患のための創薬および薬物治療



EUREKA主催の学会に参加したノーベル賞受賞者や著名な科学者

参加するメリット
主要な医薬品業界科学者、臨床医、内科医と意見交換し、交流することができます。
世界的な科学者や臨床医が一堂に会し、最新の創薬、研究、および新規治療薬動向についてプレゼンします。
当学会は、前臨床・臨床創薬および薬物療法という総合的分野を対象とし、展開医療という注目の分野にも焦点を当てながら、“bench to bedside”の研究および実践の最新動向を探ることを目的としています。
参加者の皆様は、専門家や意思決定者という中心的出席者と直接接触でき、学会におけるブランディングやネットワーキングを通じて認知度を上げることができます。
医薬品研究能力と機会に関する各国の動向を知ることができます。
ポスターセッションがあります。
一部の臨床講義に参加すると、CME(継続的医療教育)の認定を受けることができます(CMEの申請手続き中)
 

参加をお勧めする方々

当学会は、選りすぐりの科学者や各国の上級意思決定者の皆様を対象としています。参加される方々にとって価値ある、情報豊かな、積極的イベントなるでしょう。

  • 内科医
  • 医薬品科学者
  • 臨床医/医師
  • 医薬品業界および学術界からのCEO、CRO、機器専門シニアディレクター、
    研究アソシエイト
Organined By


Copyright © 2014 Drug Discovery & Therapy World Congress 2015
日本語公式サイト運営 : Eureka Science Ltd代理店 株式会社グローバル インフォメーション