Coaltrans Asia Coal-Fired Power

日程 : 2014年9月8 - 9日
開催地 : マレーシア、クアラルンプール、グランド ハイアット


Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English

  • Supported by


Media Partners

  • Argus
  • Coal International
  • COALspot.com
  • Dry Cargo International
  • e-coal
  • globalCOAL
  • Indian Power Sector
  • Petromindo.com
  • Platts
  • World Coal Magazine
Catalog

イベントカレンダー
メール配信サービス

開催中止のお知らせ

誠に遺憾ながら、当会議は主催者の都合により開催を中止することとなりました。
中止に関するご質問等はメニューのお問い合わせページより承っております。

当会議サイトへのご訪問、ありがとうございました。




Coaltrans Asia Coal-fired Power 2014
- コールトランスアジア 石炭火力発電 2014年 -
- マレーシア クアラルンプール、グランド ハイアット
アジア地域の電力需要は2035年までにほぼ倍増すると予測されているため、同地域は追加の発電施設の建設を必要としています。アジア地域では石炭が豊富にあり、また石炭が比較的低価格であることを考えると、石炭火力発電は、完全な電化の実現に向けて奮闘する多くのアジア諸国にとって、依然として魅力的な選択肢となっています。

Coaltrans Asia Coal-Fired Powerは、特に炭火力発電部門に的を絞り、石炭火力発電への投資から石炭火力発電所の建設と運営、および配電にいたるまでのトピックについて議論しています。

当会議の特徴:

  1. 石炭火力発電への投資に関する機会と課題についての議論
  2. 石炭火力発電所技術についてさらに学ぶ
  3. 規制の変化、電力市場改革、環境問題、PPA構造および石炭調達モデルに関する専門家との協議
  4. 特定のトピックもしくは国について専門家・参加者の小規模グループと議論するため、プライベートラウンドテーブル会議への参加

出席が予定されている主な講演者:

  • Dato' Mohd Nazri Bin Shahruddin, VP – Energy Ventures, Tenaga Nasional Berhard
  • Helmi Najamuddin, Head of Coal Division, PT PLN (Persero)
  • John Yeap, Partner and Head of Energy, Asia, Pinsent Masons
  • Ravi Krishnaswamy, VP for the Energy & Environment Practice, Frost & Sullivan
  • Tony Segadelli, Managing Director, OWL Energy
  • Stephen Oldfield, Head of Research Asian Utilities, UBS
  • Eric Miller, Manager of Business Development and Origination, Sumitomo Corporation
  • Mike Thomas, Partner, The Lantau Group
  • Bart Lucarelli, President, Roleva Energy
  • Norman BM Lee, Managing Director, ACTSYS Process Management Consultants


Go to Top