6th SCADA WORLD SUMMIT 2016
6th SCADA WORLD SUMMIT 2016
-第6回SCADA世界サミット、2016年-
開催地:マレーシア、クアラルンプール
開催日:2016年11月8 - 11日

主な講演者

  • Rashid Mehmood KhalidRashid Mehmood Khalid
    Assistant Manager – Head End Expert Distribution Strategy,
    K-Electric Limited Pakistan
  • Dr Francisco CastilloDr Francisco Castillo
    Senior Vice President and Chief Information Officer,
    Maynilad Water Services Inc
  • Sean MurdochSean Murdoch
    Manager-Control Systems Management and Support,
    QLD Urban Utilities
  • Mohd Iqbal RidwanMohd Iqbal Ridwan
    Principal Researcher (System Automation) Utility Automation, Transmission Unit,
    TNB Research Sdn Bhd
  • Dexter M. QuibuyenDexter M. Quibuyen
    Department Head - System Analytics,
    Manila Water Company Inc.
  • Mohamed AbdelghanyMohamed Abdelghany
    Specialist (SCADA- Master Station),
    Dubai Electricity and Water Authority DEWA
  • Norbel L. GaleonNorbel L. Galeon
    Head-Automation and Instrumentation,
    Maynilad Water Services, Inc.
  • Bhagyashree PisolkarBhagyashree Pisolkar
    Head Transmission Automation,
    TATA Power
  • Alaa MahjoubAlaa Mahjoub
    Data Management Senior Expert,
    Abu Dhabi Department of Municipal Affairs and Transport
  • Linganathan ThillainathanLinganathan Thillainathan
    SCADA Technical Consultant,
    Traconsult
講演者全員のリスト

EQUIP GLOBAL が主催するSCADAをテーマにした世界最高峰のサミットがマレーシアで開催されます

Transparency Market Researchが発行した最新の調査レポート「SCADA Market - Global Industry Analysis, Size, Share, Growth, Trends and Forecast, 2014 - 2020」によると、世界のSCADA市場は空前のペースで成長を続けており、今後も5%の年平均成長率 (CAGR) を維持することで、2020年の市場規模は327億ドルになるといいます。

近年SCADAシステムは、各種の革新的なアプリケーションを採用することで次第に洗練されたものになりつつあり、プロプライエタリな閉鎖型ネットワークからオープンソースソリューションへの移行も進んでいます。その一方で、オープン化の進展に伴い、SCADAを導入している組織がサイバーセキュリティ面のリスクに直面するという状況も生まれており、現在SCADAに携わっている専門職にとって大きな課題の1つとなっています。また、事業面の意思決定を改善するため、既存の業務システムのなかにSCADAシステムを統合する必要性や、複雑化の一途を辿る事業環境に対処するため、SCADAシステムのなかに先進的なアプリケーションを実装する必要性など、課題は山積しています。こうした課題に対処するには、リアルタイムデータを正確に分析する機能を導入して、リソースの最適化と全般的なリスクの軽減へとつなげていくとともに、SCADAシステムの予防的な管理体制を確立することが重要です。

Equip Global主催のSCADA World Summit 2016は、さまざまな業界でSCADAシステムの開発をリードしている専門職やプロジェクト発注企業の幹部が一堂に会する見逃すことのできないイベントであり、効果的でエネルギー効率の高いSCADAシステムを導入することにより、拡大を続ける事業面のニーズに対応し、ビジネスプロセスの改善向けた作業を大きく進展させ、事業の収益性を高めていく方策などが議論されます。

前回までのサミットに参加された方々の声

"Lots of useful information on SCADA. Excellent Event!" "– Senior SCADA Engineer, CLP Power

"Excellent Summit with Lots of Useful SCADA Case Studies." – Engineering Manager, Electricity Generating Authority of Thailand

"Equip Global's SCADA World Summit is the best event of this topic globally. A must-attend." – General Manager SCADA, Transmission Company of Nigeria

"This summit has given a lot of new and practical insights on SCADA implementation and cyber security management." – Senior Member, Technical Staff, DSO

"Excellent Summit that must be attended annually if you are involved in SCADA Systems! – Chief Engineer, SCADA, Sabah Electricity Sdn Bhd

"We gained a lot of useful business contacts from this SCADA summit. Excellent networking opportunities and lots of great speakers and case studies shared." – VP, Industrial Security, Waterfall Security Solutions

"Our organization attend this summit to gain practical tips and best practices on SCADA Systems and I encourage everyone in the industry to attend it" – Chief SCADA Engineer, Metropolitan Waterworks Authority

SCADA World Summit 2016が見逃せないイベントとなっている理由

ケーススタディ:さまざまな業界でSCADAに携わっている専門職やプロジェクト発注企業の幹部が、世界各地で行われている大規模プロジェクトに参加し、エネルギー効率の高い環境でSCADAシステムの統合やアップグレード、メンテナンスなどの作業を行う過程で得られた経験を披露します。

双方向の議論:SCADA関連業界の専門家を交えたパネルディスカッションが予定されており、サイバーセキュリティの脅威を排除し、先進的なアプリケーションを導入して、SCADAシステムの運用効率を高めていく際の課題や今後の見通しなどが示されます。

注目の講演:20人以上の専門家から、サイバーセキュリティのリスク、複雑なSCADAシステムの統合とアップグレード、リアルタイムデータ収集の精度、主端末装置 (MTU) とサブステーション間の接続機能の改善、データ管理と保護、SCADAシステム運用時のヒューマンエラー防止など、SCADAシステムの管理にまつわるさまざまな重要課題の克服に関する戦略的な見解を聞くことができます。

特定のテーマを深く掘り下げるワークショップ:6人の専門家が講師を務めるプレサミットワークショップが予定されており、SCADAシステムの効果的な管理を実現するための基本的な知識を学ぶことができます。

SCADA World Summit 2016の5つの重要なメリット

  1. SCADA技術に関する最新の情報や実用的な情報を収集するとともに、業界内の注目すべきトレンドを把握することができます。

  2. さまざまな業界でSCADAに携わっている専門職、政府機関の幹部、SCADA製品やサービスのプロバイダー、コンサルタントなどが一堂に会するイベントであり、SCADAシステムのアーキテクチャ、統合、アップグレードに関する新たな見方を学ぶことで、運用効率を向上させ、資本的支出と営業経費を削減するための手がかりを得ることができます。

  3. 豊富な経験を有し、SCADAシステムを成功裏に構築している20人以上の著名な専門家から、SCADAシステムの統合とアップグレード、サイバーセキュリティの脅威軽減、SCADAシステム運用時のヒューマンエラー防止、リアルタイムデータの収集と分析の精度向上、通信システムの改善に向けた革新的な技術の導入などに関する講演を聞くことができます。

  4. SCADA関連業界の専門家によるパネルディスカッションが予定されており、SCADAシステムの統合とアップグレードによる運用効率の改善、十分な投資収益が見込める最新のSCADA技術の導入などを成功裏に進めるための戦略をめぐる議論を聞くことができます。

  5. SCADAコミュニティ内で注目を集めている組織の幹部や関連業界のリーダーと会い、活発な意見交換を行いながら交流を深めていくことができます。

業界の発展につながる総合的な戦略について議論し、運用効率の大幅な向上やプロジェクトの投資収益倍増につながる最新のSCADA技術に関する未公開の最新情報や実用的な情報を入手することができるこの貴重な機会をどうぞお見逃しなく。

SCADA World Summit 2016への参加をお勧めする方々

このイベントは、以下のような部門を統括する最高経営責任者、最高執行責任者、バイスプレジデント、ゼネラルマネジャー、ディレクター、マネジャー、上級幹部、コンサルタントなどを対象としています。

  • SCADA
  • 制御システム
  • 産業用制御システム (ICS) のエンジニアリング
  • IT/自動化技術
  • 計装/電気工学機器

対象となる主な業界

  • 送配電
  • 上下水
  • 輸送
  • 地方自治体/政府
  • 石油ガス
  • エネルギー
  • 精製

スポンサー

  • Australian Security Magazine
  • Cyber Defense Magazine
スポンサーのリスト

パートナー

  • Australian Information Security Association
  • WorldOils
  • APAC Security Magazine
  • CSEAN
  • Chief IT
  • Gas Association of Singapore
  • GeoConnexion
  • Offshore Engineering Vietnam
  • SGcyber Security Forum
  • Control Engineering
  • gulf oil and gas
  • GII
  • Cyber Security Malaysia
パートナーのリスト
Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English

カタログ(PDF)
イベントカレンダー
産業用機械関連の国際会議