5th Rail Engineering & Maintenance Summit 2016
12 November 2013 - 14 November 2013
Manila, Phillippines

5th Rail Engineering & Maintenance Summit 2016 -第5回鉄道エンジニアリング・保守サミット、2016年-
開催地:シンガポール
開催日:2016年9月27 - 30日


主な講演者

  • Sidi Mahmoud EvoulowattSidi Mahmoud Evoulowatt
    Railway Expert - General President's Advisor,
    Saudi Railways Organization, Saudi Arabia
  • Duncan CrossDuncan Cross
    Deputy Director Operations - London Overground,
    Transport for London, United Kingdom
  • Daniel ChuDaniel Chu
    Assistant Vice President,
    Taiwan High Speed Rail Corporation, Taiwan
  • Vipul KumarVipul Kumar
    Executive Director & Rail Track Technologist,
    Indian Railways, India
  • Ilkwon ChaeIlkwon Chae
    CEO (Professor and Chief Researcher),
    Global Railway Corporation, Korea
  • Sakairi SeiSakairi Sei
    Senior Chief Researcher,
    East Japan Railway Company, Japan
  • Kim ChanKim Chan
    Former Chairman & CEO,
    Veolia Transport RATP Asia (VTRA), China
  • Sudath AmaratungaSudath Amaratunga
    Technical Manager Alliances,
    Transport for NSW, Australia
  • Wayne SutcliffeWayne Sutcliffe
    Maintenance Director,
    Bangkok Metro Public Company
  • Karl U. DoblerKarl U. Dobler
    Former Vice President Maintenance,
    Taiwan High Speed Rail Corporation, Taiwan
  • Perry RamseyPerry Ramsey
    Operations Director,
    ScotRail Alliance, Scotland
  • Kaare Christophersen TersbølKaare Christophersen Tersbøl
    Project Director - DBOM (Design, Build, Operate and Maintain),
    Odense Tramway, Denmark
  • Pham Quoc TrungPham Quoc Trung
    Vice Director Investment Preparation Project Management Unit,
    Management Authority for Urban Railways, Vietnam
  • Dr. Yang HanweiDr. Yang Hanwei
    Engineering Director,
    Taiwan High Speed Rail Corporation, Taiwan
  • George ClarkGeorge Clark
    Engineering Director, Capital Programmes,
    London Underground, United Kingdom
  • Ashwani SaxenaAshwani Saxena
    Director (Project),
    Jaipur Metro Rail Corporation, India
  • Steve BoshierSteve Boshier
    Asset Integration Manager - CRL Project,
    Auckland Transport, New Zealand
  • Graeme BamptonGraeme Bampton
    Rail Technical Director - Middle East,
    Aurecon, United Arab Emirates
  • Nick PenberthyNick Penberthy
    Technical Director,
    Metro Tram and Rail Ltd, United Kingdom
  • Barry MooreBarry Moore
    Technical Director, Expertise Lead - Rail,
    Aurecon, Australia
講演者全員のリスト

世界の鉄道事業者と関係機関の代表を集めてシンガポールで開催される鉄道の保守とエンジニアリングをテーマにしたサミット


5年目を迎えるPremier Rail Engineering & Maintenance Summitが、今年9月にシンガポールで開催され、鉄道エンジニアリングと保守の分野で採用されている最新の技術、先進的な手法、持続可能で信頼性の高いソリューションなどをめぐって活発な議論が展開されます。
 
アジア諸国では、都市化が輸送インフラストラクチャの発展を促す大きな要因となっており、とりわけ大量輸送システムと都市鉄道網の開発、各国国内および国同士を結ぶ高速幹線鉄道の整備などが重要な焦点となっています。鉄道インフラストラクチャの発展と拡大が続くなか、保守業務のための優れたプログラムや戦略を開発し、導入することは、各国の鉄道事業者にとって重要な課題となっています。鉄道事業者や鉄道を保有する組織が今最も必要としているのは、安全性を損なうことなく、費用対効果の高い効率的な方法で鉄道システムや車両、駅を運用することができる保守と信頼性確保のための優れたプログラムなのです。
 
Equip Global主催の第5回Rail Engineering & Maintenance Summitが、2016年9月27日から30日までシンガポールで開催されます。

このサミットは、各国政府や鉄道事業者の実務担当者、コンサルタントや研究者などの専門家が顔を揃える重要なフォーラムであり、鉄道システムの保守、信頼性確保、資産管理などの問題に関わる重要なトレンドについて考え、意見を交換することができる貴重な機会となっています。4日間にわたって展開されるプログラムには、複雑に絡み合う鉄道業界の力関係を反映したレベルの高い講演やケーススタディ、ワークショップ、パネルディスカッションなど、このサミットならではの多彩なセッションが盛り込まれます。

世界各地から集まる専門家から話を聞き、最新の革新的な技術やトレンドについて考えを巡らし、鉄道システム保守業務の効果的な運営を通じて寿命延長と信頼性向上を実現している鉄道事業者の戦略的な取り組みについて理解を深めることができるこの機会をどうぞお見逃しなく。

「Equip Global主催のRail Engineering & Maintenance Summitは、世界各地で開催されている鉄道関連のイベントのなかで最も重要なものの1つであり、見逃すことができません」−東日本旅客鉄道、電気ネットワーク部管理職

Rail Engineering & Maintenance Summit 2016への参加をお勧めする理由

  • 鉄道の保守、信頼性、資産管理に焦点を絞り込んだセッションやケーススタディで構成される総合的なプログラムを通じて、鉄道業界に影響を及ぼしているさまざまな重要課題についての理解を深めることができます。
  • 世界各地で実際に使用されている鉄道のエンジニアリングと保守業務に対応する最新の手法やソリューションにいち早く触れるとともに、持続可能な鉄道網の設計と計画立案に役立てることができるかどうか評価することができます。
  • 鉄道事故率の引き下げ、極端な気象条件での鉄道システムの維持、電力系統とバラスト軌道の保守、枕木の保守、レール疲労の検出と管理などの重要なトピックに関する興味深い講演、パネルディスカッション、ワークショップを通じ、各分野の専門家から直接意見を聞くことができます。
  • 鉄道システムの導入や更新を支援し、加速させるため最新の技術を活用している鉄道事業者の取り組みについて理解を深めることができます。
  • 柔軟性を高め、相互運用性を実現しながら、ライフサイクル管理と保守業務に必要な経費を効果的に削減する方法を学ぶことができます。
  • 今後実施される鉄道プロジェクトで鉄道の信頼性と運行体制を効果的に改善していくための手法を学ぶことができます。
  • 世界各国で鉄道業界に関わっている政府機関や鉄道事業者の専門職、コンサルタント、技術者など、同じような分野に関心を持つ100人以上の出席者と、さまざまな機会を利用して交流を深めることができます。

鉄道のエンジニアリングと保守に関連する技術や手法についての踏み込んだ議論に参加して、鉄道整備プロジェクトについての未公開情報や保守業務についての最新情報を収集したり、技術開発の最新トレンドについて学んだりすることができるこの貴重な機会をどうぞお見逃しなく。

 

第5回Rail Engineering & Maintenance Summit 2016のみどころ

100人以上の出席者が見込まれます。

世界の鉄道業界をリードする20人以上の専門家が講演を行う予定です。

16件を超える最新のケーススタディが披露されます。

出席者の90%が鉄道業界に関連する組織の幹部です。

8時間を超える各種交流イベントを利用して、鉄道業界の専門職や規制機関の幹部と人脈を構築することができます。

世界の鉄道業界の一大イベントです。

第5回Rail Engineering & Maintenance Summit 2016への参加が見込まれる方々

所属する組織

輸送部門を所管する官庁と政府機関

輸送事業者、鉄道事業者、鉄道保有組織

鉄道分野の技術者やコンサルタント

鉄道関連のメーカー、供給企業、請負業者

 

各部門のディレクター、責任者、シニアマネジャー、シニアエンジニア、専門職

  • Rail/Track Maintenance
  • 線路や軌道の保守
  • 鉄道運行
  • 鉄道システム
  • 車両
  • 鉄道信号
  • 資産管理

 

パートナー

  • IFMA Singapore
  • Tunnelbuilder
  • GII
  • Metro Rail News
  • Railway Digest
  • Rail Personnel
  • Rail Professional magazine
  • B2B Rail
  • Rail Analysis
  • Rail News
全てのパートナーを見る
Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English

前回までのサミットに出席された方々の声

"Rail Engineering & Maintenance Summit brought together experience from all over the world! It covered all important issues related to rail mainteannce and high-level keynote speakers sharing case studies on best practices!" - Senior Railway Expert, Ministry of Transportation Oman
"This event was excellent in providing us with best practice rail engineering & maintenance strategies!" - Project Manager, Mass Rapid Transit Corp
イベントカレンダー
インフラ関連の国際会議

Copyright EquipGlobal 2013 All Rights Reserved
Created by JJ Tan
日本語公式サイト運営 : Equip Global Pte Ltd代理店 株式会社グローバル インフォメーション