FTTH APAC Conference 2019
-FTTHアジア太平洋会議:2019年-
開催日:2019年4月15-17日
開催地:中国、湖北省武漢市
Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English

更新履歴
2019/04/05
アジェンダ・講演者更新
2019/03/14
アジェンダ・スポンサー更新

光ファイバーが実現する5Gスマートシティ


第14回FTTH APAC Conferenceが、2019年4月15日から17日まで、中国光通信業界の一大拠点である湖北省武漢市で開催されます。フィリピンで開催された前回会議の成果を踏まえつつ、FTTH Council Asia PacificとCRU Eventsが共催するこの会議にご期待ください。

武漢市には、世界をリードする多くの光通信関連企業が本社を置いており、電気通信技術の進歩を象徴する都市となっています。光ファイバー関連のビジネス、政策、技術にさまざまな角度から光を当てるこの会議には、アジア太平洋諸国における通信部門の規制機関や政府機関、通信事業者、地方自治体、ソリューションプロバイダーの幹部など500人以上が集まります。

今年のテーマは「光ファイバーが実現する5Gスマートシティ」であり、アジア太平洋地域の通信事業者がFTTxサービスを展開し、ネットワークエッジへと至るディープファイバーを敷設することで、スマートシティや5Gネットワークの基盤となるコンバージドプラットフォームの構築を進めている現状をめぐって議論が展開されます。アジア太平洋地域の電気通信市場に関わっているさまざまな組織の代表が一堂に会する重要なイベントとして確固たる地位を築いているこの会議は、市場についての見解を聞き、普段会うことが難しい相手と人脈を構築することができる貴重な機会となります。

3日間にわたりさまざまなトピックに関する講演やワークショップが展開されます:

  アジア太平洋諸国の通信事業者の幹部からディープファイバーの事業展開に関する戦略について話を聞くことができます。
  アジア太平洋地域における各国の政策展開とネットワーク関連投資への影響を把握することができます。
  先駆的な地方自治体のケーススタディからスマートシティに関する最も効果的な戦略を見極めることができます。
  5Gコンバージェンスとスマートシティの機能を実現するコンバージドFTTxネットワークの技術面の情報を収集することができます。
  提携関係を構築してネットワークの整備を加速させたいと考えている革新的な企業の幹部や専門家と直接会って話をすることができます。
  無線フロントホールネットワークとバックホールネットワーク、および住宅や事業所に直接引き込む光ファイバーとのコンバージェンスについて認識を深めることができます。

2019年4月に武漢市で開催されるFTTH APAC Conferenceをどうぞお見逃しなく:



参加登録をお勧めする6つの主な理由

  光ファイバーネットワークのサプライチェーンに加わっているさまざまな組織の代表500人以上と人脈を構築し、知名度を高めることができます。
  市場拡大の原動力とされるさまざまなトピックに関するオピニオンリーダーの講演を聞くことができます。
  通信業界の主要な専門家やアナリストと意見を交換したり、質問したりすることができます。
  活気あふれる展示会で最新の革新的な技術に触れたり、主要な供給企業のブースを訪れたりすることができます。
  アジア太平洋地域の市場における主な課題やビジネスチャンスに関する情報を業界関係者から直接収集し、見識を深めることができます。
  通信事業者や政府機関に所属されている方には無料パスが発行されます。

講演者

スポンサー

YOFC
Corning
DSM
EXFO Inc.

出展者

More events from CRU


Wire & Cable Conference 2019

ベルギー、ブリュッセル、Wiltcher's Steigenberger

North American Steel

Chicago, USA
 
メール配信サービス
通信
関連の会議一覧