10th CRU Wire and Cable 2016 (第10回ワイヤーおよびケーブル会議、2016年)

2016年6月20日 - 22日、イタリア、ミラノ

Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English


Catalog

イベントカレンダー
エネルギー/環境関連の国際会議

アジェンダ


1日目 | 2日目 | 3日目


6月20日 (月)


15:00
15:00
18:00
参加登録受付開始
展示会開催
歓迎レセプション

6月21日 (火)


08:00
参加登録受付開始
08:00
展示会開催
08:35
新たな世界秩序のなかでの生き残りと成長
  • Which sectors will perform the best in the short and medium term?
  • What impact will COP21 have on the outlook for energy cables?
  • 2015 was another good year for fibre optics - how will the market perform and how will performance differ between regions?
  • What are the key competitive threats to producers in 2016?
  • Asian producer's overseas expansion strategies - which markets and what impact?
  • How might industry structure and dynamics evolve?
09:45
世界の経済情勢
  • What is the outlook for growth in OECD countries - will this surprise on the upside and release demand
  • How will the automotive, infrastructure and real estate market in China perform in light of the stimulus measures that have been enacted?
  • What is the outlook for the Dollar, Euro, Yen and RMB?
  • How sustained will this period of low oil prices be and what impact will it have on the MENA region?
  • Regional snap shop Turkey, India, Russia and Brazil
10:15
休憩

10:45
貿易−課題とビジネスチャンス
  • Will China gain market economy status in the EU and USA? How would this affect global trade?
  • What impact will the Trans-Pacific and Transatlantic Trade and Investment Partnerships have?
11:10
ケーブル業界再編の可能性
  • A snapshot of the financial position of the industry
  • Potential assets that could be up for sale
  • Synergies opportunities from deals and the impact on industry pricing
11:35
ケーブルの調達−供給企業と顧客企業の提携によってもたらされる利益

12:00
昼食

13:30
原材料−商品価格の下落
  • What is the outlook for Chinese copper and aluminum demand?
  • Are the financial drivers of al/cu substitution still as clear cut?
  • What is the price outlook for metals and polymers
14:30
欧州でのCEMAC (CE Marking of Cables) プロジェクトの概要とメーカーにとっての意義

14:55
休憩

分科会1:電源ケーブル

 

分科会2:通信ケーブル

15:25 欧州でのスーパーグリッド開発にまつわる課題とビジネスチャンス

15:50 海底ケーブル市場

  • Exploring demand drivers and the outlook
  • Overview of the project landscape in Western Europe
  • Will new entrants take a larger share of projects?

16:20 電源ケーブルの分野におけるポリマーと各種材料の開発動向

  • How will the speciality cables sector drive demand for polymers?
  • Exploring the outlook for regulation and the related growth for flame retardant and halogen free materials?

16:50 1日目終了

 

15:25 特定市場向けのデジタルケーブル−欧州での光ケーブルの普及促進に向けた規制面の動き

15:50 海底ケーブルの分野における重要なトレンド

  • Finance and other requisites of submarine cable systems
  • Examining the expanding role of content providers in fibre optic network construction
  • Exploring the increasing numbers of submarine cable systems on non-traditional routes

16:20 短波長WDMトランシーバー用の広帯域マルチモードファイバー (WBMMF)

16:50 1日目終了


[トップに戻る]


6月22日 (水)


08:00
参加登録受付開始
08:00
展示会開催

分科会1:電源ケーブル

 

分科会2:通信ケーブル

08:30 世界の絶縁金属ケーブル市場の展望

08:55 地中ケーブル市場の展望

09:20 発電、送電、配電に関するインドの計画

  • How significantly will they drive demand for cable and conductors?

09:45 パネルディスカッション:再生可能エネルギーとケーブルの需要

  • Exploring the outlook for Chinese wind farms and grid integration
  • Studying the outlook for solar and wind projects in North Africa
  • Analysing the US market for renewable energy projects
  • Can European producers meet the demand for the offshore wind farms planned in Europe?

10:35 休憩

11:05 全アルミ合金より線 (AAAC) およびたわみ抵抗導体による従来の鋼心アルミより線 (ACSR) の置き換えについての分析

11:30 自動車用ワイヤーハーネス市場の今後の展望

  • Analysing the advances that aluminum in making
  • Examining the innovations being made as a result of higher efficiency standards

11:55 鉄道導体の展望

12:20 中電圧接続に対応する超電導ケーブルの展望:商業的に実現可能な各種の用途

13:45 ケーブルの置き換えとインフラストラクチャ投資の結果として生じる欧州電力業界のビジネスチャンス

13:20 機械装置に対して新たな合金が及ぼす影響の分析

 

08:30 光ファイバー市場の展望

  • Assessing the growth of optical fibre deployments in developing market
  • What is the near term outlook in China, Brazil, USA & India
  • Examining the key challenges and opportunities in the European market

08:55 4Gネットワーク導入後の中国の状況

  • Will China Mobile, Telecom and Unicom reach their 4G base station and FTTx support targets?
  • Will 5G roll out largely take place by the end of this decade as planned?
  • Can 5G roll out really support demand for fibre optical cable?

09:20 インドのブロードバンドネットワーク業界が直面する課題とビジネスチャンスの分析

  • Will India progress with its 2 year broadband targets now that much of its broadband network deployment plans have shifted to BharatNet?

09:45 ファイバーとプレフォームの市場

  • How tight will the balance between preform capacity and fibre demand become?
  • How will the market for fibre and preforms differ regionally?

10:10 モノのインターネット−ワイヤーおよびケーブル部門への影響

10:35 休憩

11:05 ファイバーの需要に対するVDSLとG.fastの影響−この技術が光ファイバーケーブル市場にもたらすリスクの程度

11:30 欧州と米国の都市におけるGbps FTTHネットワークの見通し

11:55 新たなデータセンターの開設と既存データセンターでのトラフィックの増加がマルチモードおよびシングルモードのファイバー導入を促進する可能性

12:20 通信事業者が予測し、準備している帯域幅増加のレベル

13:45 最大限のコスト削減と容量拡大を可能にするシングルモード光ファイバーのプロダクションテストの進歩

13:45 昼食


[トップに戻る]


* 不測の事態により、事前の予告なしにプログラムが変更される場合があります。