11th Annual Immunogenicity Bioassay Summit
-第11回免疫原性バイオアッセイサミット-
開催日:2019年10月15-18日
開催地:米国ワシントンD.C.、The Westin Alexandria
Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English

更新通知サービス
更新履歴
2019/06/12
アジェンダ・スポンサー更新

カンファレンスプログラム

 
 
 
 
 

米国で開催される免疫原性とバイオアッセイに焦点を絞り込んだこのイベントに製薬会社、研究機関、規制機関の幹部が多数集結

今度で11年目を迎えるCambridge Healthtech Institute (CHI) 主催のImmunogenicity & Bioassay Summitでは、製薬業界が現在直面している課題について考えながら、最新のケーススタディや見解、手法に触れたり、製薬会社、研究機関、規制機関の幹部による講演を聞いたりすることができます。今年のサミットでは、3つのカンファレンスプログラムとシンポジウム、特定のテーマを深く掘り下げる研修セミナーやショートコース、経験や着想を披露し合うことができるグループ討論などが予定されており、人脈を広げるまたとないチャンスになります。

2019年の基調講演者:

Alessandro Sette, PhD
Professor, Head and Member
La Jolla Institute for Immunology

Sandra Garces, MD PhD
Senior Medical Advisor for Immunogenicity, Global Patient Safety
Eli Lilly

Johanna Mora, PhD
Group Leader
Bristol-Myers Squibb

Timothy Hickling, PhD
Assoc Research Fellow
Pfizer

Bernard Maillere, PhD
Research Director, Immunology
CEA




メール配信サービス