Cambridge Healthtech Institute (CHI) 主催の第15回Biomarker World Congressは、医薬品と診断法のパイプラインにおけるバイオマーカー研究開発のあらゆる領域を網羅する学会です。がん免疫療法の分野における過去5年間の優れた成果を踏まえ、バイオマーカー研究開発の重点も、免疫療法の患者層別化を目的とした予測バイオマーカーの発見と開発に移っており、バイオマーカーや機序に関するデータを利用して免疫療法の合理的な組み合わせを選択したり、免疫プロファイリングを利用して免疫療法への反応を予測したりするといった手法の研究も進んでいます。この学会では、患者選定と治療に対する反応の予測、リキッドバイオプシー、セルフリーDNA、コンパニオン診断、個別化医療、バイオマーカーアッセイの開発とバリデーション、バイオマーカーベースの臨床試験など、バイオマーカーの臨床研究やトランスレーショナル研究の最新の成果が紹介されます。またデジタルヘルスの新たな研究領域と医薬品や診断法の開発に対するその影響についても議論されることになっており、新たなデジタルバイオマーカーと臨床試験での利用、臨床試験でエンドポイントとなるバイオセンサーやウェアラブルデバイスの進歩、医薬品開発とモバイルヘルスの統合、ポイントオブケア検査や遠隔患者モニタリングの分野におけるモノのインターネット (IoT) とスマートフォンの新たな応用法といったトピックを網羅する総合的なプログラムが展開されます。バイオマーカーに関する研究を幅広く網羅するプログラムに参加しながら、多くの出席者と人脈を構築することができるこの貴重な機会をどうぞお見逃しなく。この学会は、製薬業界のさまざまな組織の幹部が集まるCHI主催World Pharma Weekの一翼を担うイベントです。

カンファレンスプログラム

Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English


更新通知サービス



メール配信サービス