リキッドバイオプシーとがん免疫療法

このカンファレンスプログラムについて

新たな標的や革新的な治療法を見つけ出すための取り組みが急ピッチで進み、治療に反応する可能性の高い患者の予測、毒性の最小化、治療経過の監視に対応する新たなバイオマーカーの必要性が高まるなか、リキッドバイオプシーとがん免疫療法の領域の融合が進んでいます。近年、多種多様な血中循環バイオマーカーが新たに発見されており、今後アッセイとしての適合性や臨床環境での利用について入念な検討作業が行われる見通しです。このプログラムでは、T細胞改変のための手法、治療法を判断する際の指針となる次世代の分子診断とコンパニオン診断など、免疫療法の進歩に関連するトピックに光が当てられます。


Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English


更新通知サービス




メール配信サービス