Immunogenicity & Bioassays

- 免疫原性とバイオアッセイ -

生物製剤の安全性と効能の確保

このストリームは、新たな生物製剤の安全性と効能の確保に役立つ最新の研究成果や技術、戦略に光をあてるもので、特に臨床現場での免疫原性の管理とアッセイのライフサイクルが焦点となります。会期中は、臨床現場における免疫原性データの利用法に関する新たなケーススタディを紹介するプログラム、細胞療法や遺伝子療法に関する規制機関の新たなガイドラインに重点を置きながら、抗体薬物複合体や二重特異性抗体、CAR-T、モノクローナル抗体などの新たな生物製剤に対応する免疫原性評価について考えるプログラム、新たな生物製剤の効能、機能、構造安定性の評価に用いられるバイオアッセイを開発する際に生じる実務面の課題に対処するための新たな技術や戦略を紹介するプログラムが展開されます。

Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English


更新通知サービス
更新履歴
2019/03/05
スポンサー更新
2019/02/15
スポンサー更新
2019/02/05
アジェンダ・講演者・スポンサー更新
2019/01/09
スポンサー更新


Premier Sponsors


表示切替:



メール配信サービス