Cambridge Healthtech Institute 第2回

Emerging Immuno-Oncology Targets

( がん免疫療法の新たな標的 )

がん免疫療法と併用療法の新たな標的と経路

2018年8月30日~31日

がん免疫療法の新たな標的をテーマにしたこのカンファレンスプログラムでは、免疫調節機能を有する阻害剤とアゴニストの標的、間質細胞と免疫細胞の標的、免疫療法の合理的な併用のための戦略など、新たな標的空間に関する各種のトピックが取り上げられ、がん免疫療法の新たな標的や併用療法の発見と検証を目的とした前臨床研究とトランスレーショナル研究のケーススタディが披露されます。

Coverage will include, but is not limited to:

  • Emerging immunomodulatory targets
  • Checkpoint inhibitors (PD-1/PD-L1, CTLA-4, TIM3, LAG3)
  • Targeting agonist receptors (OX40, 4-1BB, GITR, CD27, ICOS, GITR)
  • Targeting tumor-associated macrophages (TAM), myeloid-derived suppressor cells (MDSC) and regulatory T cells (Tregs)
  • Targeting the STING pathway
  • Targeting CD96 and TIGIT for cancer immunotherapy
  • Targeting the stroma, tumor microenvironment
  • Targeting innate immunity
  • Rational combination immunotherapy

* 不測の事態により、事前の予告なしにプログラムが変更される場合があります。

Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English





メール配信サービス