Oligonucleotide & Peptide Therapeutics
-オリゴヌクレオチド治療薬およびペプチド治療薬学会-
開催日:2018年3月26-28日
開催地:米国マサチューセッツ州ケンブリッジ、Boston Marriott Cambridge

既知の疾病標的のうち、各種の治療法で有効に対処できるものは、ごく一部と見られています。その一方で、疾病生物学に関する研究は、治療薬開発能力の進歩を凌ぐペースで進んでおり、「新薬開発が困難な」標的領域のかなりの部分を解消できる新たな方法を見つけ出すことが緊急の課題となっています。オリゴヌクレオチド治療薬とペプチド治療薬は、この課題に対応するための極めて重要な開発プラットフォームとして注目を集めており、従来の低分子医薬品や生物製剤よりもはるかに幅広い標的に対応しながら、特異性が高く、種類が豊富で、安全な治療薬を生み出すことができると期待されています。

米国マサチューセッツ州ケンブリッジで開催されるCambridge Healthtech Institute (CHI) 主催の第3回Oligonucleotide & Peptide Therapeuticsでは、各種治療薬の開発企業や技術プロバイダーの代表が集まり、次世代のオリゴヌクレオチド治療薬やペプチド治療薬の進歩について議論します。3日間の会期中には、創薬、デリバリー、早期段階の臨床研究などのトピックを網羅する2つのメインカンファレンスに加え、オリゴヌクレオチドとペプチドを利用した希少疾患治療薬に焦点を絞り込んだシンポジウムも行われます。

 
 

 
 

2017 Features

200+ Participants • 84% from Leading Biotech & Pharma Companies • 43% growth in 2017

"No events go without a hitch, but your crack team met all the obstacle[s] head on, to our complete satisfaction. We've already signed up for the next event."
- Rick N., President, Oligo Factory

"It was my first time attending the show, and I was very impressed with the variety of speakers and content."
- Chris M., Ph.D. , Director, Business Development, Bachem Americas, Inc.

"This three-day meeting combines frontier works from both academic and industry which truly illustrated the current status of oligonucleotides therapeutics."
- Patrick L., Ph.D., President & CEO, Sirnaomics, Inc.