全体基調セッション

Craig Crews

活性ベースのプロテオミクス:世界的な規模でのタンパク質とリガンドの発見  

Benjamin F. Cravatt, Ph.D.

Professor and Co-Chair, Department of Molecular Medicine, The Scripps Research Institute


Cambridge Healthtech Institute主催の第13回Annual Drug Discovery Chemistry (第13回創薬化学学会) は、医薬品およびバイオテクノロジー業界に従事するメディシナルケミストのためのカンファレンスです。 低分子薬剤候補の創薬および最適化における課題に焦点を当てたこの学会では、科学者の皆さまに同時進行する複数の分科会を行き来していただきながら、ご自身の関心にもっとも合致したプレゼンテーションを組み合わせ、独自のプログラムを創出していただける興味深い機会を数多く提供いたします。 2018年の会議では、「Small Molecules for Cancer Immunotherapy (がん免疫療法のための低分子医薬品)」の対象範囲を拡張し、新たに「Ubiquitin Proteasome System Inhibitors (ユビキチンプロテアソーム系阻害)」、「Targeting Complex Membrane Proteins (複雑な膜タンパク質の標的化)」、「Lead Optimization for Drug Safety (薬物安全性の向上を目的としたリード化合物の最適化)」といったテーマが加わります。

Event Features

  • More than 150 presentations
  • 750+ high-level participants
  • 70+ posters
  • Interactive roundtable, breakout & panel discussions
  • "Track-hop" between concurrent meetings
  • Exclusive exhibit & poster viewing hours
  • Dedicated networking opportunities

Short Courses

Maximize your educational and networking opportunities while in San Diego by adding on one or more interactive short courses!