Leaders In BioBanking Congress 2017
-バイオバンクリーダー学会:2017年-
開催日:2017年10月25-27日
開催地:米国テネシー州ナッシュビル、Nashville Marriott at Vanderbilt University

個別化医療の実現を目指す取り組みが実験医学から分子医学への移行に向けた動きを活発化させるなか、生体試料の保存という役割を担い続けてきたバイオバンクが、生物医学分野の研究開発を支える重要なインフラストラクチャとして注目を集めるようになっています。適切な注釈のついた生体試料とそれに関連する臨床データは、トランスレーショナル研究と臨床研究を加速させますが、ハイスループット分子シーケンシング技術が登場し、生体試料の種類が増えるなか、バイオバンキングインフラストラクチャは、情報工学の面で大きな課題に直面するようになっています。また、質の高い生体試料が少ないため、プロジェクトが行き詰ってしまったり、研究の進展に制約が生じたりするなどの問題も起きています。

Cambridge Healthtech Institute (CHI) 主催の第9回International Leaders in Biobanking Congressでは、生体試料の研究、管理、応用などの問題が焦点となる予定です。会期中は、生物医学や生物医薬品の研究者、規制機関の職員、バイオリポジトリの管理者、開業医などが一堂に会し、現在行われている最先端の生物医学研究のなかで生体試料を効果的に活用しながら個別化医療の目標達成へとつなげていくための方策などについて議論します。

また今度の学会では、生体試料に関する研究成果やバイオバンク管理機能の利用にまつわるさまざまなトピックやケーススタディも取り上げられます。

この学会での研究発表を希望される方は、標題と要旨を提出してください。

  • 研究に役立てるため生体試料を利用している分子研究者
  • 規制遵守に向けた取り組みを進めながら、生体試料の提供、バイオプリザベーション技術の標準とプロトコルの開発、リソースの管理などを行っているバイオバンクのスタッフ
  • データの収集、分析、利用に携わっている臨床試験分野の専門職

Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English

 

Celebrating 25 Years

Co-Hosted By

vanderbilt-VUMC


CHTN1