Menu
Immuno Oncology Europe
Immuno Oncology Europe
Immuno-Oncology Summit Europe
-欧州がん免疫サミット-
開催日:2017年3月20-24日
開催地:英国ロンドン、Hilton Canary Wharf

カンファレンスプログラム

Novel Approaches for Cancer   Immunomodulatory Approaches  Combination Immunotherapy

ショートコース

3月21日 18:30-21:30

Dinner SC1:
New Directions in Cancer Immunotherapy (癌免疫療法におけるあらたな方向性)

Dinner SC2:
CAR T and TCR Manufacturing Challenges to Anticipate and Overcome: Focus on How, Where, and Cost Factors (CAR-TおよびTCRの製造における課題の予測と克服:方法、場所、費用の要因)
 

Featured Presenters

Roy BaynesRoy D. Baynes, M.D., Ph.D.
Senior Vice President and Head, Global Clinical Development, CMO, Merck Sharp & Dohme

Zelig EshharZelig Eshhar, Ph.D.
Chair, Cancer Immunotherapy, Research and Development, Sourasky Medical Center, Tel Aviv

David FeltquateDavid Feltquate, M.D., Ph.D.
Vice President, Oncology Development, Bristol-Myers Squibb

Dario NeriDario Neri, Ph.D.
Professor, Chemistry and Applied Biosciences, Swiss Federal Institute of Technology (ETH), Zurich

Andy_SewellAndrew Sewell, Ph.D.
Professor, Institute of Infection & Immunity, Cardiff University School of Medicine

Robert WilkinsonRobert W. Wilkinson, Ph.D.
Director, Oncology Research, MedImmune Ltd.

 


このサミットについて

前回サミットの成功を受け、Immuno-Oncology Summit Europe 2017が開催されます。2016年に続きロンドン中心部で開催されるこのサミットは、世界各国の研究者や業界関係者にとって見逃すことのできないイベントとなります。

1週間にわたって開催されるこのサミットでは、最新の研究成果などをめぐって活発な議論が展開されます。がん治療の新たなアプローチに関するプログラムでは、キメラ抗原受容体発現T細胞 (CAR-T) の技術を含むT細胞と受容体、二重特異性抗体、前臨床モデル、標的とリード化合物の選定といったトピックが焦点となります。免疫調節療法をテーマにしたプログラムでは、チェックポイント阻害剤、アゴニスト受容体の関与、ナチュラルキラー細胞、マクロファージや樹状細胞の活性化、Fc領域改変技術、サイトカインベースの治療法、腫瘍溶解性ウイルスの各分野における研究の進歩などのトピックが議論されます。また、併用免疫療法をテーマにしたプログラムでは、併用療法の設計や併用戦略に関するセッションが予定されており、前臨床研究や臨床研究の最新情報も紹介されます。


前回のイベントに参加された方々の声

"Very stimulatory meeting in an exciting field. Great mix of complementary presentations."

Kerry Chester, Ph.D., Professor, UCL Cancer Institute

"I believe you managed to collate an excellent mix of speakers spanning the most critical aspects of immune oncology, providing an informal forum for discussions between leaders in the field and new investigators coming from both academia and industry."

Björn Frendéus, Ph.D., Chief Scientific Officer, BioInvent International AB

"The content of the meeting was highly relevant and up to date."

Khaterech Ahmadi, Executive Director, MSD-Merck

"The meeting was ideal in terms of size and content. I really enjoyed the conference. It was very insightful and great quality of research was presented."

Sujiet Puthenveetil, Ph.D., Principal Scientist, Medicinal Chemistry, Pfizer, Inc.

Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English

カタログ(PDF)



メール配信サービス