liquidbiopsysummit

- 液体生検学会 -
2016年6月22-24日、米国カリフォルニア州、サンフランシスコ

米国カリフォルニア州サンフランシスコで開催されるこの学会では、液体生検が未来の個別化医療の柱になると期待されている理由や今後の展望などについて専門家たちの見解を聞くことができます。

近年生体分子医薬の分野が、かつてない盛り上がりを見せています。最新の研究により、体内の複数の組織から放出された循環セルフリー (cf) DNAや細胞外 (ex) RNAを含む生物流体が特定されたほか、高感度で精度の高い次世代シーケンシング (NGS) 技術の急速な進歩により、各種の生体分子が健康体や病体、治療反応のなかで演じる役割の分析も可能になっているのです。しかし、生物流体をベースにしたDNA/RNA分析法には依然として大きな不安があり、液体生検を実用化し、日常の幅広い用途で利用できるようにするためには、こうした不安を解消するための取り組みが必要不可欠です。


会議に参加された方が関連レポートを購入されると割引がございます。

レポート詳細に関しては、各リンクをご覧ください。
会議ご参加者限定の割引レポートをご購入される場合は、右上の "お申し込み" からお願い致します。

» リキッドバイオプシー (液体生検) : 癌管理を大幅に改善する新興市場



基調講演者

Ellen M. BeasleyEllen M. Beasley, Ph.D.,

Senior Vice President, Product & Services Research & Development, Business & Product Development, Genomic Health, Inc.


Steven A. SoperSteven A. Soper, Ph.D.,

Professor, Biomedical Engineering & Chemistry; Associate Editor, Analyst; Director, Center for BioModular Multiscale Systems, University of North Carolina


Muneesh TewariMuneesh Tewari, M.D., Ph.D.,

Associate Professor, Internal Medicine and Biomedical Engineering & Ray and Ruth Anderson-Laurence M. Sprague Memorial Research Professor, University of Michigan Health System


 

Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English


Catalog

 

Corporate Sponsor


QIAGEN


Official Publication
Bio-IT-Word_logo


Lead Sponsoring Publications

BioProcess International


GEN-New Logo


Insight Pharma Reports

 Science AAAS


The Scientist



イベントカレンダー
医療機器関連の国際会議