Present a poster
- 世界バイオマーカー・診断法学会、2016年 -
2016年5月16日 - 19日、米国、ペンシルバニア州フィラデルフィア、マリオット フィラデルフィア ダウンタウン
Symposia












Cambridge Healthtech Institute (CHI) 主催の第12回Biomarkers & Diagnostics World Congress 2016は、医薬品と診断法のパイプラインにおけるバイオマーカー研究のあらゆる領域を網羅する学会です。この学会には、様々な規模の製薬会社やバイオテクノロジー企業、診断法の開発に取り組んでいる企業、先進的な研究を行っている大学、臨床研究を行っている機関、行政機関や国立研究所、医薬品開発業務受託機関 (CRO) 、新興企業、ツールプロバイダーなどの代表が毎回世界各地から参加しており、互いの経験に学び、業界や学界の枠組みを超えた協力関係を強化し、最新の技術を評価することができる貴重な機会となっています。12年目となる今度の学会では、バイオマーカーや診断法の研究と実用化が焦点となる予定であり、最先端のトピックを盛り込んだアジェンダが組まれて、さまざまな組織の上級幹部を中心とした400人を超える出席者が集まるほか、多くの企業が出展する展示会も開催されます。

前回までと同様、今度の学会でも、創薬でのトランスレーショナルリサーチに用いられるバイオマーカーや患者選定のためのバイオマーカー、コンパニオン診断薬と医薬品を一緒に開発するための戦略、セルフリーDNAとRNA、個別化医療の発展に向けたビッグデータの活用といったトピックが総合的に網羅されるほか、新たに、がん免疫療法のためのバイオマーカーに関する分科会と次世代シーケンシングおよびエクソソームをテーマにした2つのプレカンファレンスシンポジウムが加わります。

バイオマーカーと診断法の分野における研究動向を総合的に把握し、人脈を広げることができるこの貴重な機会をどうぞお見逃しなく。


Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English


Catalog

» スポンサー

» メディアパートナー


イベントカレンダー
医薬品関連の国際会議