MOC Mobile Banner
MOC Mobile Banner  
Cancer Biotherapeutics 2016 - がん生物学的療法学会 2016年 -
2016年3月14日 - 2016年3月16日
英国、ロンドン、ダブルツリー バイ ヒルトン - ドックランズ リバーサイド

Cancer Biotherapeutics: Harnessing the Immune Response and Overcoming Inhibitory FactorsTrack Divider DesignNovel Approaches for Cancer: Engineering, Optimisation and Development of Biospecifics, ADCs and Other Novel Products

注目の講演

Sergio A. QuezadaSergio A. Quezada, Ph.D.
Professorial Research Fellow, Research Haematology, University College London Cancer Institute

Martin PuleMartin Pule, Ph.D.
Senior Lecturer,
Haematology,
UCL Cancer Institute

Dario NeriDario Neri, Ph.D.
Professor, Chemistry and Applied Biosciences, Swiss Federal Institute of Technology (ETH), Zurich

Stefan DübelStefan Dübel, Ph.D.
Managing Director and Professor, Biotechnology, Technische Universität Braunschweig

John McCaffertyJohn McCafferty, Ph.D.
CEO, IONTAS

 


ディナーショートコース


この学会について

がんの生物学的療法に関する研究は急速に進んでおり、多種多様なアプローチにより、短期間で注目すべき成果がもたらされています。こうした動きを踏まえ、世界各地でPepTalkやPEGS Protein & Antibody Engineering Summitなどの学会を開催しているCambridge Healthtech Institute (CHI) は、がんの生物学的療法に焦点を絞り込んだ学会を欧州で初めて開催します。

この学会を構成する2つの分科会は、いずれも免疫療法に重点を置いたものであり、免疫チェックポイント阻害剤やアゴニスト、免疫調節剤を利用したアプローチ、免疫サイトカイン療法、キメラ抗原受容体、T細胞の再標的化、免疫調節二重特異性抗体、腫瘍破壊的免疫療法、樹枝状細胞の役割などに関するケーススタディが発表される予定です。また、標的やリード化合物の選定、融合タンパク質、抗体薬物複合体 (ADC) 、トランスレーショナル研究のための腫瘍微小環境の再現など、関連する分野についての研究発表も行われます。

CHIでは、学界と業界の専門家に対する訴求力という点を踏まえ、英国のロンドンを第1回学会の開催地として選びました。会場は、テムズ川沿いの近代的で活気あふれる再開発地域ドックランズにあるDoubleTree by Hilton Hotel Londonです。

Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English


Premier Sponsors

Jackson Laboratory


View All Sponsors


View Media Partners


Catalog

 
イベントカレンダー
医薬品関連の国際会議

CHI | Cambridge HealthTech Institute
日本語公式サイト運営 : Cambridge Healthtech Institute代理店 株式会社グローバル インフォメーション