HIGH-CONTENT ANALYSIS & PHENOTYPIC SCREENING 2016
- ハイコンテント分析学会および表現型スクリーニング学会 2016年 -
2016年2月11 - 12日
米国、カリフォルニア州、サンディエゴ、ヒルトン サンディエゴ リゾート & スパ

  • The Longest Running HCA Meeting

High-Content Analysis Link  Phenotypic Screening Link


この学会について

13年目を迎えるCHI主催のHigh-Content Analysisは、ハイコンテント分析 (HCA) の応用と技術の最新動向を紹介する重要イベントであり、新たなプログラムを加えたうえで、前回に続き米国カリフォルニア州サンディエゴで開催されます。この数年、HCAの技術は熟成が進み、化合物のスクリーニングや評価、機能分析など多くの分野で導入されるようになっています。今度の学会では、3Dモデルや生理学的に適切な錯体モデルのスクリーニング、超高解像度ハイスループットイメージング技術、先進的な画像解析とデータ管理、新たなアッセイと応用技術など、技術開発の新たな段階が焦点となります。また、同時併催される第2回Phenotypic Screeningでは、表現型スクリーニングと標的ベーススクリーニングの利点、アッセイ開発、生理学的に適切なモデルの選定、後続標的の同定などが焦点となる予定であり、大手製薬会社での表現型スクリーニングのケーススタディも披露されます。出席者は、High-Content AnalysisとPhenotypic Screening両方のセッションに参加することが可能であり、最先端の研究成果についての発表を聞いたり、展示会ホールで新たな技術に触れたり、ユーザーグループの会議やディナーコースに参加したりすることができます。

主なトピック

  • 表現型スクリーニングを利用した創薬のケーススタディ
  • 3次元細胞培養のハイコンテント分析と表現型スクリーニング
  • オルガノイド、器官型初代細胞、iPS細胞、スフェロイド (球状体) を含むスクリーニングの新たなモデル
  • アッセイ開発とHCA分野におけるケーススタディ
  • 標的と経路の同定と検証
  • 表現型スクリーニングとハイコンテントスクリーニングのためのデータ解析
  • ケミカルゲノミクスとケミカルプロテオミクス
  • 定量的システムズ薬理学
  • 生細胞イメージング技術
  • 超高解像度イメージング技術

著名な講演者

Paul Andrews, Ph.D.
Director, National Phenotypic Screening Centre, University of Dundee, UK

Ulrich Broeckel, M.D.
Professor, Pediatrics, Medical College of Wisconsin

Anthony M. Davies, Ph.D.
Center Director, Translational Cell Imaging Queensland (TCIQ), Institute of Health Biomedical Innovation, Queensland University of Technology

Lauren Drowley, Ph.D.
Associate Principal Scientist, AstraZeneca

Su Guo, Ph.D.
Professor, Bioengineering and Therapeutic Sciences, University of California, San Francisco

Erik Hett, Ph.D.
Senior Scientist, Chemical & Molecular Therapeutics, Biogen

Susanne Heynen-Genel, Ph.D.
Director, High-Content Screening Systems, Sanford Burnham Prebys Medical Discovery Institute

Beatrice Knudsen, M.D., Ph.D.
Director, Translational Pathology, Cedars Sinai Medical Center

Ming Lei
Senior Scientist, Lead Discovery & Optimization, Bristol-Myers Squibb

Zhuyin Li, Ph.D.
Translational Biomarker Team Lead, Lead Discovery & Optimization, Bristol-Myers Squibb

David J. Logan, Ph.D.
Computational Biologist, Imaging Platform, Broad Institute of Harvard and MIT

Mary-Ann Mycek, Ph.D.
Professor and Associate Chair for Translational Research, Department of Biomedical Engineering, College of Engineering & Medical School, University of Michigan

Madhu Lal-Nag, Ph.D.
Acting Team Lead, RNAi Screening Facility, National Center for Advancing Translational Sciences, National Institutes of Health

Nathan Ross, Ph.D.
Senior Investigator, High Throughput Biology Group Leader, Novartis Institutes for BioMedical Research

Ulrich Schopfer, Ph.D.
Executive Director and Head, Integrated Lead Discovery, Novartis Institutes for BioMedical Research

Mark Schurdak, Ph.D.
Research Associate Professor, Computational and Systems Biology, University of Pittsburgh; Director, Drug Discovery Institute

D. Lansing Taylor, Ph.D.
Director, University of Pittsburgh Drug Discovery Institute and Allegheny Foundation Professor, Computational and Systems Biology, University of Pittsburgh

Andreas Vogt, Ph.D.
Associate Professor, Computational and Systems Biology, University of Pittsburgh

Alan Waggoner, Ph.D.
Professor, Biological Sciences, and Director, Molecular Biosensor and Imaging Center, Carnegie Mellon University

Wei Zheng, Ph.D.
Group Leader, Division of Preclinical Innovation, National Center for Advancing Translational Sciences, National Institutes of Health

ディナーコース

2月10日 (水) 、18:00〜21:00

ハイコンテント表現型スクリーニング入門

Instructor: Anthony M. Davies, Ph.D., Center Director, Translational Cell Imaging Queensland (TCIQ), Institute of Health Biomedical Innovation, Queensland University of Technology

2月11日 (木) 、18:00〜21:00

エキスパートシンクタンク:生理学的に適切なアッセイへのニーズに対応するための方策

Moderator: Lisa Minor, Ph.D., President, In Vitro Strategies, LLC

Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English

Catalog


イベントカレンダー
医療機器関連の国際会議

医療機器関連の国際会議

メール配信サービス
メール配信サービス

関連会議のご案内をご希望の方はこちら