FAST: Functional Analysis & Screening Technologies Congress 2015
- FAST:機能分析とスクリーニング技術学会 2015年 -
2015年11月9 - 11日
米国、マサチューセッツ州、ボストン、ルネッサンス ウォーターフロント ホテル
  • Slide 2
  • Slide 3
  • Slide 1


 ディナーショートコース


当学会で議論されるトピック

  • 創薬におけるオルガノイドと初代器官型三次元培養
  • 新規標的、経路、作用機序発見のための表現型スクリーニング
  • 初代細胞および幹細胞抽出モデルを用いた表現型スクリーニング
  • 表現型創薬におけるケーススタディ
  • 機能的臓器オンチップモデルのエンジニアリング
  • 薬剤スクリーニングのための三次元スフェロイドモデル
  • in vitro創薬の総合アプローチ:組織エンジニアリングがシステム生物学に対応
  • 薬剤安全性検査のためのマイクロエンジニアド三次元モデル
  • 三次元モデルの表現型スクリーニングおよびハイコンテントスクリーニング
  • 癌オンチップ:腫瘍微小環境の三次元モデルのエンジニアリング

主な講演者

David SwinneyDavid C. Swinney

CEO, Institute for Rare and Neglected Diseases Drug Discovery (iRND3)

Per Erik StromstedtPer Erik Stromstedt

Director, Screening Sciences
AstraZeneca

Jeffrey MorganJeffrey Morgan

Professor, Medical Science & Engineering Brown University

Hicham AlaouiHicham Alaoui

Director, Cellular Pharmacology Genentech

Linda GriffithLinda G. Griffith

Professor, Biological Engineering, MIT

David GraingerDavid Grainger

Professor, Pharmaceutical Chemistry University of Utah

Sophie LelièvreSophie A. Lelièvre

Director, 3D Cell Culture Core Facility Purdue University

David TellersDavid Tellers

Principal Scientist, Discovery Chemistry Merck

Anne BangAnne Bang

Director, Cell-Based Disease Modeling and Screening, Sanford-Burnham-Prebys Medical Discovery Institute

Michael ShenMichael Shen

Professor, Medicine, Systems Biology Columbia University


当イベントについて

Cambridge Healthtech Institute (CHI)は、第3回年次学会FAST: Functional Analysis and Screening Technologies Congressを開催いたします。3年目となる今年は、細胞スクリーニングにおける最新技術と研究動向をお届けします。

当学会は、表現型スクリーニング、ハイコンテント分析、生理的に適切な細胞モデル、化学ゲノミクス、化学プロテオミクスに関する最新動向とケーススタディを再びお届けします。2日間の日程で三次元細胞モデルという急速に発展する分野を扱うとともに、創薬と毒性評価のための新たな予測的細胞モデルに焦点を当てた3D Cell Culture: Organoid, Spheroid, and Organ-on-a-Chip Models学会を初めて開催します。ここでは、初代細胞および幹細胞の使用、複雑共培養細胞モデル、腫瘍スフェロイドモデル、有効性および安全性スクリーニングのための新規の臓器オンチップ(organ-on-a-chip:チップ上の臓器)モデル、機能分析、化合物プロファイリングについてレビューします。この後、化合物と標的選定のための複雑三次元細胞系の表現型およびハイコンテントスクリーニングのケーススタディとともに第3次年次学会Screening and Functional Analysis of 3D Modelsを開催します。

2014年の学会は20か国から160社を超える企業を代表する方々250余名が参加されました。その半数が大手製薬会社やバイオテクノロジー企業から、そして3分の1が学術機関や政府からの参加者であり、国際色豊かな面々との独占的ネットワーキングの機会を提供することができました。今年の集中的スクリーニングイベントでは、60を超える科学的プレゼンテーション、各種の教育コースがあるほか、20を超える出展者などの同業者から学べるチャンスがあります。ぜひご参加ください。皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

Quotes


Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English


Catalog

 

イベントカレンダー
医療機器関連の国際会議

医療機器関連の国際会議

メール配信サービス
メール配信サービス

関連会議のご案内をご希望の方はこちら