Re-Entering Antibacterial Drug Development Summit 2015
- 抗菌薬開発再参入学会 2015年 -
2015年11月16 - 18日
米国、マサチューセッツ州、ボストン、ヒルトン バック ベイ ボストン



Re-Entering Antibacterial Drug Development Summit



米国疾病対策予防センターによると、同国では、毎年200万人が抗生物質耐性菌による感染症に罹っており、これらの感染症に関連する死亡者の数は2万3,000人に達するといいます。抗生物質耐性菌感染症が米国経済に及ぼす影響は、直接的な医療費の支出で年間200億ドル、入院や病気欠勤による生産性低下で年間350億ドルと見積もられています。Cambridge Healthtech Instituteは、Re-Entering Antibacterial Drug Development Summitを開催することで、抗菌薬開発のパイプラインを復活させるとともに、米国および世界各地での抗菌薬管理改善に向けた取り組みに貢献したいと考えています。この学会は、抗菌薬の創薬と開発の現状に多大な影響を及ぼしている主要な組織の間で知識や意見を交換するためのフォーラムとなるよう考えられています。

2015 Conference at a Glance

Antibacterial Research and Development
抗菌薬の研究開発

細菌感染症の予防と治療に対応する新規モノクローナル抗体

Steven ProjanSteven J. Projan. Ph.D., Senior Vice President, R&D, Innovative Medicines unit, Head of Infectious Diseases & Vaccines, Medimmune

従来の医薬品の再利用を可能にする抗生物質アジュバント

Gerard WrightGerard D. Wright, Ph.D., Director, Michael DeGroote Institute for Infectious Disease Research, Department of Biochemistry and Biomedical Sciences, McMaster University, Canada Research Chair in Molecular Studies of Antibiotics

化学合成の力を全面的に発揮させることによる新たな抗生物質の創薬

Andrew MyersAndrew G. Myers. Ph.D., Amory Houghton Professor of Chemistry, Department of Chemistry & Chemical Biology, Harvard University

グラム陰性菌に対する抗生物質:創薬にとっての化学物特性の重要性

Heinz MoserHeinz E. Moser, Ph.D., Executive Director - Chemistry Infectious Diseases, Global Discovery Chemistry, Novartis Institutes for BioMedical Research


詳細なアジェンダを見る


Clinical Development and Commercialization of Antibacterials
抗菌薬の臨床開発と商品化

規制機関の支援と新たな診断法による耐性菌対応の新規抗生物質開発にまつわる課題の克服

Barry EisensteinBarry Eisenstein, M.D., Senior Vice President, Scientific Affairs, Merck

革新的な抗菌薬利用法による価値の実現と患者の安全性向上−医療の最前線における経験

Ronald NahassRonald G. Nahass, M.D., MHCM, President, ID Care

抗生物質のための新たなビジネスモデル:最近実施された構想の概要と今後予想される方向性

John RexJohn Rex, M.D., Vice President and Head, Infection, Global Medicines Development, AstraZeneca


詳細なアジェンダを見る


Diagnostics to Guide Antimicrobial Stewardship and Drug Development
抗菌薬管理と医薬品開発の指針となる診断法

病原体検出の分野における最近の進歩

Kimberly HansonKimberly E. Hanson, M.D., Medical Director, Mycology, Mycobacteriology, and Virology Laboratories, Section Chief, Microbiology, ARUP Laboratories

抗菌薬管理プログラムのなかで微生物学研究室が担う役割

Joint Presentation:

Karen CarrollKaren C. Carroll, M.D., Director, Division of Microbiology, Department of Pathology, The John Hopkins Hospital

Edina AvdicEdina Avdic, Pharm.D., MBA, Clinical Specialist, Infectious Diseases, Associate Director, Antimicrobial Stewardship Program, The John Hopkins Hospital


詳細なアジェンダを見る




Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English

Catalog

イベントカレンダー
メール配信サービス

日本語公式サイト運営 : Cambridge Healthtech Institute代理店 株式会社グローバル インフォメーション