Targeting Mitochondrial Dysfunction & Toxicity 2015
- ミトコンドリア機能不全・毒性標的化学会 2015年 -
-
米国、マサチューセッツ州ケンブリッジ、ハイアット リージェンシー ケンブリッジ

Targeting Mitochondrial Dysfunction & Toxicityの概要



ミトコンドリアの障害や機能不全は、神経変性状態(筋萎縮性側索硬化症(ALS)、アルツハイマー病、パーキンソン病など)、てんかんや自閉症、心臓血管系や肝臓、腎臓の疾患、がんや糖尿病などさまざまな病気の重要な要因として認識されるようになっています。このように、極めて多くの病気に幅広い影響を及ぼしているミトコンドリアは、各種治療薬を開発する際の重要な標的となっています。

また、さまざまな疾病の治療に用いられる薬剤がミトコンドリアにとって好ましくない毒性を発揮する場合もあり、創薬や医薬品開発に携わっている研究者にとって、化合物がもたらすこの深刻な副作用を予測し、防ぐための対策は極めて重要です。この学会では、新たな標的経路や治療法に関する最新の研究、ミトコンドリアの機能を理解するという点での画期的な成果、治療薬開発時にミトコンドリアに対する毒性を低減あるいは除去するための方法などが紹介されます。

疾病治療と薬物安全性の向上

この学会で取り上げられる予定の主なトピック

  • ミトコンドリアに関する科学的な知識の発展
  • ミトコンドリア関連の疾病と損傷の標的化
  • ミトコンドリアの標的化と毒性

基調講演

薬物毒性にまつわるミトコンドリア・核間逆行性変性標的特定のための遺伝学的アプローチ

Keshav K. Singh, Ph.D., Departments of Genetics, Pathology, and Environmental Health; Center for Free Radical Biology, Center for Aging and UAB Comprehensive Cancer Center, University of Alabama at Birmingham


ショートコース

薬物誘発性ミトコンドリア毒性

Yvonne Will, Ph.D., Senior Director & Head, Science and Technology Strategy, Drug Safety Research and Development, Pfizer R&D

Kendall B. Wallace, Ph.D., Professor, Biochemistry & Molecular Biology, University of Minnesota-Duluth

Rick G. Schnellmann, Ph.D., Professor, College of Pharmacy, Medical University of South Carolina




Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English

Catalog

イベントカレンダー
メール配信サービス

日本語公式サイト運営 : Cambridge Healthtech Institute代理店 株式会社グローバル インフォメーション