Extracellular Biomarkers Summit, March 16-18, 2015 
Extracellular Biomarkers Summit, March 16-18, 2015 
Extracellular Biomarkers Summit 2015 - 細胞外バイオマーカーサミット 2015年 -
-
米国、マサチューセッツ州ケンブリッジ、ハイアット リージェンシー ケンブリッジ


カンファレンストラック 

3月16日〜17日 

microRNA as Biomarkers and Diagnostics

 

Exosomes and Microvesicles as Biomarkers and Diagnostics

 

3月17日〜18日 

Long Non-Coding RNA in Cancer

 

Extracellular RNA in Drug and Diagnostic Development

 

主な講演者

Carlo M. Croce Carlo M. Croce
Director, Genetics Institute
The Ohio State University


Susan Freier Susan Freier
Vice President
Isis Pharmaceuticals



Ajay Goel Ajay Goel
Director, Cancer Prevention
Baylor Research Institute

Raghu Kalluri Raghu Kalluri
Chair, Cancer Biology
MD Anderson Cancer Center


Omar Laterza Omar Laterza
Director, Clinical Development Laboratory
Merck


Nicole Meisner-Kober Nicole Meisner-Kober
Senior Investigator, RNA Biology
Novartis


ディナーショートコース  

3月16日
 

CFDX arrowシステム生物学、証拠の統合、およびマイクロRNAバイオマーカーへのin silico創薬アプローチ 

CFDX arrowエグゼクティブシンクタンク:エキソソームに基づく診断の開発 

3月17日
 

CFDX arrow非侵襲性出生前診断の開発のための循環核酸バイオマーカー
 

当学会について 

Extracellular Biomarkers Summitは、Cambridge Healthtech Instituteの重要なバイオマーカー・診断薬ポートフォリオに新たに加わるイベントであり、十分に確立されたマイクロRNAを交え、バイオマーカーおよび診断薬学会として研究の3つの柱(循環マイクロRNA、エキソソーム、微小胞の役割、癌などの疾患における長鎖非コードRNAと細胞外RNA、薬剤開発および診断開発におけるバイオマーカーとしてのこれらの潜在能力)について集中的にディスカッションします。また、エキソソームと細胞外RNAの隔離と特性化をはじめ、細胞外RNAの発現プロファイリングとシークエンシング、疾患機序、腫瘍転移、細胞内情報伝達におけるマイクロRNA、長鎖非コードRNA、エキソソームの役割の理解、薬剤開発、薬剤毒性評価、患者層別におけるバイオマーカーとしての潜在能力、そして最終的には疾患の診断と予後診断のための循環バイオマーカーとしての役割などが話し合われます。

細胞外バイオマーカーを包括的に理解し、業界リーダーから最新の研究動向、技術動向、および応用動向について話を聴けるチャンスです。ぜひご参加ください。  


Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English


Catalog


イベントカレンダー
医薬品関連の国際会議

医薬品関連の国際会議

メール配信サービス
メール配信サービス

関連会議のご案内をご希望の方はこちら