Evidence-Based Reimbursement Summit
- 証拠に基づく償還サミット -
-
米国メリーランド州、ベセスダ、ハイアット リージェンシー ベセスダ

証拠に基づく償還サミット

 

ゲノム研究の最近の成果と、大規模並列シーケンシングおよびデジタルPCRといった強力なテクノロジーの臨床での運用により、層別化ゲノム医療、つまり複雑な疾患に対するゲノム誘導型の予防と治療が現実のものとなってきました。こうした技術革新を臨床に導入する上での障害となるのが現在の不確実な償還動向です。医療予算を削減しながら、高価な分子検査や標的療法が数多く上市されており、従来の方法で対応してきた支払者に混乱を招いています。当サミットは、医薬品業界、バイオテクノロジー業界、IVD企業、医学的検査業界、医療従事者ら主要なステークホルダーが一堂に会し、革新的医療の商業化について意見交換し解決策を探ります。

Health Economics of Personalized Genomic Medicine Banner

アジェンダを見る

カンファレンスハイライト

  • 個別化ゲノム医療における償還決定のための証拠作成
  • 医薬品技術革新を支えるには
  • 層別化医療における価値に基づく薬価設定
  • 証拠を作成し合成するためのツール
  • 医療制度を学ぶ
  • 変化する償還環境

主な講演者

Roy-BaynesRoy Baynes, M.D., Senior Vice President Global Clinical Development at Merck






Dane DicksonDane Dickson, M.D., Director, Clinical Science-MolDx, Palmetto GBA






Evidence-Based Reimbursement of Molecular Diagnostics Banner

アジェンダを見る

カンファレンスハイライト

  • 分子診断における償還決定のための証拠作成
  • CMSの今後に関する解説 (PAMA 2014およびその他)
  • 成功事例
  • 医務の現場
  • 試験所からの見解
  • スタンドアローン試験対コンパニオン分子試験の償還

主な講演者

Bruce QuinnBruce Quinn, M.D., Ph.D., Senior Health Policy Specialist, Foley Hoag, LLP






Robert McDonoughRobert McDonough, Head of Clinical Policy Research & Development at Aetna



Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English

Catalog
イベントカレンダー
メール配信サービス

日本語公式サイト運営 : Cambridge Healthtech Institute代理店 株式会社グローバル インフォメーション