banner

ImVacS - the Immunotherapeutics and Vaccine Summit 2014
- ImVacS − 免疫療法およびワクチン学会2014年 -
2014年8月11 - 14日 米国、マサチューセッツ州、ボストン、マリオット ロング ワーフ ホテル

ImVacSサミットは、癌の免疫療法のためのワクチンの研究開発に携わる方々が世界中から集結し、患者の治療の基礎として免疫学の未開拓分野を探求する4つの集中的学会です。

第9回年次学会Novel Vaccinesの第1部では、“アジュバント、TLR、DNAワクチン”をテーマにします。また第2部では“新興のワクチン技術”を探求します。第2回年次学会Immunomodulatory Therapeutic Antibodies for Cancerでは、これらの新興の薬剤開発に用いられるモデルおよびツールの発展動向を検証し、また初開催となるCombination Cancer Immunotherapyでは、他の治療モダリティと併用するこれらの抗体プログラムの応用に焦点が当てられます。Target Discovery for T Cell Therapyシンポジウムは、学術界および産業界を牽引する研究者らが一堂に会し、細胞治療のために適切な標的および抗原を見つけ、正当性を立証する方法について話し合います。

カンファレンストラック


基調プレゼンテーション:
Norman Baylor将来のワクチンアジュバントに関する法的見通し

Norman W. Baylor, Ph.D., President and CEO, Biologics Consulting Group, Inc.

基調プレゼンテーション:
Bolyn Hubby新興の脅威および世界的供給問題を解決するための合成ゲノミクス

Bolyn Hubby, Ph.D., Senior Director, Head, Vaccine and Phage R&D, Synthetic Genomics Vaccines, Inc.

基調プレゼンテーション:
Michael Postow新規の免疫調整戦略による癌の検証

Michael A. Postow, M.D., Assistant Attending Physician, Melanoma and Immunotherapeutics Service, Memorial Sloan-Kettering Cancer Center

基調プレゼンテーション:
Omid Hamid2014年ASCO学会の最新動向:免疫調整併用療法のための治験

Omid Hamid, M.D., Director, Melanoma Center, Angeles Clinic and Research Institute

8月12日〜13日

Combination Cancer Immunotherapy

Each year, ImVacS brings vaccine professionals together from around the world to discuss the crucial issues surrounding vaccine development. Along with presenting a snapshot of where vaccines stand today, the meeting also provides an important venue for networking, information exchange, and establishing collaborations.

The "Novel Vaccines" meeting explores how vaccine development is being innovated in order to create more efficacious vaccines, such as using Systems Biology or Reverse Vaccinology. The use of adjuvants – their safety and mode of action – will also be discussed, as will DNA vaccines, Toll-Like Receptors, and novel modes of delivery. In addition, how improved vaccines are targeting infectious diseases will be addressed and updated.