TCGC: Clinical Genome Conference TCGC: Clinical Genome ConferenceTCGC: Clinical Genome Conference

The 3rd Annual Clinical Genome Conference - 第3回臨床ゲノム学会 -
2014年6月10 - 12日 米国、カリフォルニア州、サンフランシスコ、ホテル カブキ


ゲノミクスを臨床診療に応用する動きは、押しとどめようのない流れとなっています。ゲノム研究の成果をさまざまな分野に応用することができるようになれば、臨床症状が現れる前に疾病を特定したり、個々の患者に合わせた投薬療法を決定したりすることが可能になり、医薬品の精度が高まると期待されているのです。しかし、ゲノミクスの知識や技術を医療の進歩や実用的な患者の治療へとつなげていくためには、多くの課題を解決しなければなりません。

この学会は、ゲノミクスの応用に焦点を絞り込んだものであり、臨床ゲノム分析にまつわるさまざま問題や対応策をめぐって活発な議論が展開されます。

この学会で取り上げられる主なトピック

  • 保険給付支払い手続きへの対応
  • ゲノム変異と臨床的有用性
  • 治療の指針としてのNGS
  • ゲノミクスの再定義を促すNGS
  • ゲノムデータの解釈とクライアントへの提供
  • ゲノムデータの統合と臨床応用

基調講演者

Atal ButteAtul Butte, M.D., Ph.D.

Division Chief and Associate Professor, Stanford University School of Medicine; Director, Center for Pediatric Bioinformatics, Lucile Packard Children's Hospital

David GalasDavid Galas, Ph.D.

Principal Scientist, Pacific Northwest Diabetes Research Institute

Gail JarvikGail P. Jarvik, M.D., Ph.D.

Head, Division of Medical Genetics, Arno G. Motulsky Endowed Chair in Medicine and Professor, Medicine and Genome Sciences, University of Washington Medical Center

John PfeiferJohn Pfeifer, M.D., Ph.D.

Vice Chair, Clinical Affairs, Pathology and Immunology; Professor, Pathology and Immunology, Washington University

John QuackenbushJohn Quackenbush, Ph.D.

Professor, Dana-Farber Cancer Institute and Harvard School of Public Health; Co-Founder and CEO, GenoSpace