Conference Menu

ホーム
第1日
第2日
ショートコース
ポスター発表
ホテル & 開催地
出展者/フロアプラン(PDF)
お問い合わせ
お申し込み


Premier Sponsor:

OpenEye_Vertical

Corporate Sponsor:

Schrodinger logo

Media Sponsor:

Bio-IT-Word

Sponsoring Society:

ISCB

Lead Sponsoring Publications:

Clinical Informatics News

Gen

Insight Pharma Reports

nature

PharmaVoice

Science AAAS
Scientific Computing Logo Small

The Scientist

Web Partners:

FierceBiotech

Fierce Biotech IT

FiercePharma

GenomeWeb

Structure-Based Drug Design 2014 - 構造に基づく薬剤デザイン2014年学会 -
2014年5月21 - 22日
米国、マサチューセッツ州、ボストン、ウェスティン ボストン ウォーターフロント


CHI's Fourteenth Annual Structure-Based Drug Design Conference - 概要




X線結晶学、NMR、コンピュータ化学技術などの実験的方法によって、3次元構造と結合事象に関する理解が深まり、より大きな知識基盤が構築されたことで、構造に基づく薬剤デザインの迅速な開発を促しています。Cambridge Healthtech Instituteの第15回目となる年次学会Structure-Based Drug Designでは、計算から実験へ、そして最終的に薬剤へとつなげていくための情報豊かな高品質のケーススタディや革新的技術と戦略をお届けします。医薬品業界とバイオテクノロジー業界の一流の科学者らが集まり、エピジェネティック標的にどのように達するかについて話し合うとともに、GPCRおよびその他の膜タンパク質の最新動向を提供し、フラグメントに基づく薬剤デザインの最新動向を探ります。参加者の皆様は、生産性を最大限にし、創薬の成功率を上げるための新たな展望とアイディアをご自分の組織にもたらすことができるでしょう。

基調講演者  

Chas BountraChas Bountra, Ph.D.

Professor, Translational Medicine, Department of Clinical Medicine; Associate Head, Medical Sciences; Chief Scientist, Structural Genomics Consortium, University of Oxford

 

今年の目玉:

  • 大員環、エピジェネティック標的、およびBACE阻害剤を含めた新規標的と化合物を網羅
  • ケーススタディおよび実験的フォローアップ − Constellation、Heptares、AstraZenecaなどが構造に基づく薬剤デザインをどのように主導しているかを検証
  • GPCRデザインおよび創薬に関する拡大セッション
  • 類似の標的に取り組むための様々なアプローチの紹介
 

以下の企業から最新のケーススタディを入手しましょう:

  • Arena Pharmaceuticals
  • Astex
  • AstraZeneca
  • Bristol-Myers Squibb
  • Carmolex
  • Carmot Therapeutics
  • Constellation Pharmaceuticals
  • Genentech
  • Heptares Therapeutics UK
  • Merck
  • Novartis
  • Structural Genomics Consortium
  • 武田薬品工業
  • Vernalis, Ltd.

Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English


Catalog

イベントカレンダー
メール配信サービス


日本語公式サイト運営 : Cambridge Healthtech Institute代理店 株式会社グローバル インフォメーション