Register Now
Register Now
Register Now
Register Now
Register Now
Register Now
Register Now
Register Now
Register Now

Drug Discovery Chemistry 2014 - 創薬化学:2014年学会 -
2014年4月23 - 25日
米国、カリフォルニア州、サンディエゴ、ヒルトン リゾート&スパ


Drug Discovery Chemistryは、医薬品業界およびバイオテクノロジー業界で働く医療化学者の方々に向けたダイナミックな学会です。小分子薬剤候補に関する創薬と最適化の問題に焦点を当てたこのイベントは、科学者の皆様に個々の関心事に則したユニークなプログラムをつくる多くの機会を提供しています。今年は、これまでの学会で最も関心の高かったトピックをうまく補完したEpigenetic Inhibitor Discovery(エピジェネティック阻害剤創薬)、Anti-Inflammatories(抗炎症薬)、Protein-Protein Interactions(タンパク質間相互作用)、Macrocyclics and Constrained Peptides(大環状および拘束性ペプチド)、Fragment-Based Drug Discovery(フラグメントに基づく創薬)およびKinase Inhibitor Chemistry(キナーゼ阻害剤化学)を新たに開催します。当ウェブサイトには、講演者の皆様方のご紹介とともに、この業界をリードする創薬化学イベントをつくりあげるために企画された相乗効果の高いトピックなどが掲載されておりますのでぜひご覧ください。

ショートコース 


James Wells全体基調講演 :

James Wells, Ph.D.

Professor, Pharmaceutical Chemistry and Cellular & Molecular Pharmacology, University of California San Francisco

 

2014年のイベントは以下の特徴があります。:

  • 100を超えるプレゼンテーション
  • 400名を超えるハイレベルな参加者
  • 50件を超えるポスター
  • インタラクティブ討論会、分科会、およびパネルディスカッション
  • 同時開催学会トラックの間の“トラック・ホップ”
  • 展示会・ポスタービューイングのための時間
  • ネットワーキングの機会
  • 10のインタラクティブショートコース