Conference Menu

ホーム
1日目
2日目
ショートコース
ポスター発表
開催地 
お問い合わせ 
お申し込み 




Offical Media Partner

Bio-IT-

Word


Media Partners

Clinical Informatics News

mirnablog

Gen

nature

Science AAAS

The Scientist

GenomeWeb

Select Science


Sponsor Publications

Biomarkers in Medicine

Drug Discovery News

Insight Pharma Reports

PharmaVoice


Web Partners

Biospace

labroots.com

Pharmcast




microRNA as Biomarkers and Diagnostics 2014
- バイオマーカーおよび診断薬としてのマイクロRNA 2014 -
2014年3月17 - 18日
米国、マサチューセッツ州、ボストン、ボストン オムニ パーカーハウス ホテル


microRNA as Biomarkers and Diagnostics学会








近年の研究によって、注目度の高いエキソソームから抽出したマイクロRNAに、病気の診断および予後、治療のモニタリング、患者の層別のための非侵襲性バイオマーカーとしての大きな可能性があることが明らかとなりました。Cambridge Healthtech Instituteによる第10回年次学会microRNA as Biomarkers and Diagnosticsでは、より効果的な治療をするための病気の早期発見と、腫瘍の成長と病気の進行に関するモニタリングのためのマイクロRNAの使用に関する最新動向、マイクロRNAの測定に関する課題、およびマイクロRNAプロファイルに基づく個別化医療の可能性について議論します。

扱われるテーマ:

薬剤開発におけるマイクロRNAバイオマーカー

癌診断薬としてのマイクロRNAバイオマーカー

病気のバイオマーカーとしてのマイクロRNA


主な講演者

Philippe CouttetPhilippe Couttet

Head, Pathway Integration Discovery

Novartis Pharma AG

Pavan KumarPavan Kumar

Senior Scientist, Biomarkers and Personalized Medicine

Eisai

Rounak NassirpourRounak Nassirpour

Principal Scientist, Drug Safety R&D

Pfizer

James FallsJames G. Falls

Manager, Discovery and Molecular Toxicology

GlaxoSmithKline


プレカンファレンスショートコース *

2014年3月17日 午前9時〜午後12時

バイオマーカーとしての長鎖非コードRNA

講師:

Dave S. B. Hoon, Ph.D., Director, Molecular Oncology, John Wayne Cancer Institute

Jingfang Ju, Ph.D., Associate Professor, Co-Director of Translational Research, Pathology, Stony Brook University



ディナーコース *

2014年3月17日 午後6時〜午後9時

非侵襲性バイオマーカーとしてのエキソソームマイクロRNA

Mエキソソームでカプセル化されたマイクロRNAは体液内で安定するため、以下のための新規のバイオマーカーとして役立てられる可能性があります。

  • 病気の早期発見
  • 治療方法の選定
  • 病気の予後

Instructors to be Announced

* 別途登録が必要になります


薬剤開発におけるマイクロRNAバイオマーカーの利用

心毒性のゲノムインジケーターとしてのマイクロRNA

Philippe Couttet, Ph.D., Head, Pathway Integration Discovery and Investigative Safety, Novartis Pharma AG

心血管毒性のための潜在的バイオマーカーとしての循環マイクロRNA

James G. Falls, Ph.D., Manager, Discovery and Molecular Toxicology, GlaxoSmithKline

腎損傷に対する有望なバイオマーカーとしてのマイクロRNA

Rounak Nassirpour, Ph.D., Principal Scientist, Investigative Pathology Laboratory, Drug Safety
R&D, Pfizer

アルツハイマー病のための循環バイオマーカーとしてのマイクロRNA

Pavan Kumar, Ph.D., Senior Scientist, Biomarkers and Personalized Medicine, Eisai

バイオマーカーおよび薬剤効能の治療標的としての薬剤耐性癌細胞における下方制御されたマイクロRNA

Taosheng Chen, Ph.D., Associate Member and Director of HTS, Chemical Biology and Therapeutics, St. Jude Children's Research Hospital

microRNA Biomarkers as Cancer Diagnostics

癌診断薬としてのマイクロRNAバイオマーカー

非コードRNA変異体を用いた分子診断および精密医療の進化

Prasun J. Mishra, Ph.D., Laboratory of Cancer Biology and Genetics, Center for Cancer Research, National Cancer Institute, NIH

癌医学のための組織スライドに基づくマイクロRNA診断

Lorenzo F. Sempere, Ph.D., Research Assistant Professor, Medicine, Geisel School of Medicine, Dartmouth-Hitchcock Medical Center

結腸直腸癌における予測的および予後判定バイオマーカーとしてのマイクロRNA

Jingfang Ju, Ph.D., Associate Professor, Co-Director of Translational Research, Pathology, Stony Brook University

癌のための診断マーカーおよびリアルタイム治療マーカーとしての循環エキソソームRNA

Douglas D. Taylor, Ph.D., Professor, Obstetrics, Gynecology, and Women's Health, University of Louisville School of Medicine

腫瘍微小環境生物学における中心的役割を担うマイクロRNA:マイクロRNAの謎の解明が個別化医療に結びつくとき

Muller Fabbri, M.D., Ph.D., Assistant Professor, Pediatrics and Molecular Microbiology & Immunology, University of Southern California Keck School of Medicine, Children's Hospital Los Angeles


病気のバイオマーカーとしてのマイクロRNA

テーマは、後日発表します。

Zachary Zimmerman, Ph.D., Senior Director, Corporate Development, Regulus Therapeutics

C型肝炎ウイルスが誘発する宿主マイクロRNA修飾はmiRAGEではない:肝臓病のための新規バイオマーカー

John Paul Pezacki, Ph.D., Senior Research Officer and Group Leader, Life Sciences, National Research Council of Canada

1型糖尿病における尿中miRNAのパターン:糖尿病性腎症の予後と病因に及ぼす影響

John P. Johnson, M.D., Professor, Medicine, Cell Biology and Physiology, University of Pittsburgh

Christos Argyropoulos, M.D., Ph.D., Medical Affairs Consultant

パーキンソン病のための予測バイオマーカーとしての血漿中の循環マイクロRNA:新たなパラダイム

Sok Kean Khoo, Ph.D., Distinguished Associate Professor, Molecular Genomics, Department of Cell & Molecular Biology, GVSU Michigan


専門家が司会進行する問題解決分科会ディスカッション

  • マイクロRNAの正常化戦略の選択方法
  • 循環マイクロRNAの検出
  • 組織試料におけるマイクロRNA解析

* 不測の事態により、事前の予告なしにプログラムが変更される場合があります。



Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English


Catalog

イベントカレンダー
メール配信サービス
日本語公式サイト運営 : Cambridge Healthtech Institute代理店 株式会社グローバル インフォメーション