Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English


更新通知サービス



メール配信サービス

36th Annual International Battery Seminar & Exhibit
-第36回国際電池セミナー・展示会-
開催日:2019年3月25-28日
開催地:米国フロリダ州フォートローダーデール、Fort Lauderdale Convention Center

1,000人以上の業界関係者が集まる電池をテーマにした世界で最も長い歴史を有するこのイベントをどうぞお見逃しなく


1983年に始まったInternational Battery Seminar & Exhibitは、世界各地で進められている家電、自動車、軍事、産業の各応用分野に対応するエネルギー貯蔵技術開発の最新動向を紹介する重要イベントとして確固たる地位を築いています。このイベントでは、主要なオピニオンリーダーが、あらゆる電池システムと実現技術についての幅広い見方を示すとともに、材料、製品開発、製造、応用の各分野における重要な進歩についての十分な情報に裏打ちされた見解を明らかにします。電池の関連業界を対象とした世界で最も長い歴史を有するこのイベントは、重要な動きや新製品などを発表し、最先端の電池技術を紹介する場としても活用されています。ソニーは、1991年に自社のリチウムイオン技術を最初に発表する場としてこのイベントを選びましたが、その後この技術は世界を大きく変えることになりました。また参加者の数も、主催者がCambridge EnerTechの傘下に入った2015年以降倍以上に増えています。

全体基調講演

リチウムイオンセルのサイクル寿命延長の可能性

Jeff Dahn, PhD, NSERC/Tesla Canada Industrial Research Chair, Dalhousie University

電池のセル、パック、システムに関するシステム工学上の課題と可能性

James Lim, PhD, Battery System Engineering Manager, Google

全体基調パネルディスカッション

近い将来の大規模な生産を実現するため自動車メーカーが必要とする革新的な技術/進歩

Moderator: Celina Mikolajczak, Director, Engineering, Energy Storage Systems, Uber

改良型リチウムイオン電池の製造に向けた技術革新を阻害する要因の解消

Moderator: Brian Barnett, President, Battery Perspectives

企業スポンサー

2018年に開催されたイベントの実績

米国カリフォルニア州フォートローダーデールで開催された第35回International Battery Seminar & Exhibitには、電池の研究者などおよそ950人が集まりました。このイベントには、3M、Amazon、Apple、BASF、Black & Decker、BMW、Boeing、Bosch、Boston Scientific、Caterpillar、Dell、Dow Chemical、Duracell、Energizer、Facebook、Fiat Chrysler、Fitbit、Ford Motor Company、General Motors、Google、ホンダ、Huawei Technologies、IBM、Intel、Johnson Controls、LG、Mercedes-Benz、Medtronic、Microsoft、Motorola、日産自動車、NVIDIA、パナソニック、Porsche、Qualcomm、Samsung、ソニー、Subaru、Texas Instruments、トヨタ、Uber、Volkswagen、Volvoなどの企業が代表を派遣しています。