2nd Bridge Innovation Summit 2013 - 第2回橋梁技術革新サミット、2013年 -
2013年4月25 - 26日 中国、北京

この会議では、

  • 新たな構想やプロジェクト、手法などを学ぶことにより、中国と世界の橋梁業界を深く理解することができます
  • 中国と世界各国の専門家たちから話を聞くことで、橋梁構造の設計、実現、運営業務の改善に役立つ最新のトレンドや技術についての知識を吸収することができます
  • 橋の建設と維持管理に関する規制への理解を深めることで、橋梁業界に求められる新たな条件を把握することができます
  • 安全基準についての識見を得ることにより、業務とコストを最適化しつつ品質改善と持続可能性を実現することができます
  • 各国政府の幹部や橋梁業界の専門家と直接会って話をすることにより、今後の事業展開に必要な人脈を拡大・強化することができます

Bridge Innovation Summit 2013への参加をお勧めする理由

  • 20以上の国々の60社を超える企業の幹部を含むおよそ260人の参加者か見込まれます
  • 橋梁業界で豊富な経験を有する世界各国の専門家30人以上が講演を行う予定です
  • アジア諸国で現在進められている20以上の橋梁プロジェクトが紹介されます
  • カクテルレセプション、シャンパンを飲みながらの意見交換、VIP限定の昼食会、質疑応答セッションなど、人脈構築に役立つイベントが延べ8時間以上予定されています
  • 大きな成功を収めた前年の第1回サミットに続いて開催される2回目のサミットであり、アジア地域の橋梁コミュニティにおける重要イベントとして高い評価を得ています

前回までの会議に参加された方々の声

  • 「Bridge Innovation Summit 2012は、中国における橋梁整備に大きく貢献し、経済と社会の両面で多大な恩恵をもたらすイベントです」
    —— YANG Yun, Vice Director of Bridge Technology Research Center, Research Institute of Highwat Ministry of Transport
  • 「円滑に運営された会議であり、雰囲気も良かったです。また交流を深めるための場という点でも優れています。橋梁業界のリーダーたちと意見を交換することができる有益なイベントであるという点は誰もが認めるところであり、CDMCがまたこのサミットを開催するのであれば、是非参加したいと思います」
    —— SHAO Xinping, Chief Engineer, Qingdao Bay Bridge Command
  • 「将来を見据えたトピックに重点を置いたすばらしい国際イベントであり、期待を上回るものでした。こうした会議は、世界の橋梁業界の健全な発展を促すという点で重要な役割を担うはずです」
    —— GAO Jianwe, Executive Vice President, Zhejiang Yingdu Group Company Ltd.
  • 「運営のしっかりとしたすばらしい会議に出席し、影響力の大きい人々と中国の橋梁について話し合う機会をもてたことに感謝しています。同僚たちにも、次回の会議に参加するよう勧めるつもりです」
    —— John CLARK, Head of Engineer, Gammon Construction Ltd.
  • 「Bridge Innovation Summitは、スポンサーにとっても、参加者同士が親交を深める場という点でも優れたイベントでした。CDMCが主催するイベントは、どれも良いものばかりです」
    —— Tony XIE, Deputy General Manager, Hawking International Far East Group
  • 「これまで橋梁などさまざまなトピックに焦点を絞り込んだ会議に参加してきましたが、率直に言って、本物の専門家たちから興味深い講演を聞き、多くのことを学ぶことができたのは、この会議が初めてです」
    —— Akihiko NUMAZAWA, General Manager, IHI Infrastructure Systems Co., Ltd.

この会議に参加が見込まれる方々

 
 
Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English


イベントカレンダー
メール配信サービス

  Series Media: