<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=901475309917735&ev=PageView&noscript=1" />
企業プレゼンテーションについてのよくある質問

企業プレゼンテーションとは何ですか。

BIO Asia International Conferenceの企業プレゼンテーションは、上級レベルの幹部がPowerPointを使って行うプレゼンテーションです。プレゼンテーションは2日間の会期中に順次行われ、さまざまな企業や団体の幹部がパイプライン、研究開発活動、事業目標、投資目標などについて説明します。制限時間は13分であり、プレゼンテーションを10分に収め、残り3分を質疑応答に充てるという時間配分を推奨します。

プレゼンテーションを行う理由は何ですか。

BIO Asia International Conferenceでは、例年バイオテクノロジー企業などの上級幹部の前でさまざまな企業や団体がプレゼンテーションを行っており、重要な成果や動向について意見を交換する貴重な機会となっています。またプレゼンテーションを行う組織は、国際会議開幕前に行われるマーケティング (電子メールで配信されるニュースレターやプレスリリースなど) への参加やOne-on-One Partnering™システム上での扱いなど、一般の出席者が利用できない特典を受けることもできます。

プレゼンテーションを行うことができるのはどのような組織ですか。

企業プレゼンテーションを行う組織の多くは、既存の上場企業と非上場企業ですが、「発芽前」の段階にあるアジア地域のバイオテクノロジー企業が研究開発の成果を披露することもできます。研究開発型企業のプレゼンテーション枠は、この国際会議で初めてプレゼンテーションを行う企業を対象としたもので、2012年以降に設立され、バイオテクノロジーを利用して製剤などの研究開発を行っている企業に限られます。一方、既存の上場企業と非上場企業によるプレゼンテーションには、バイオテクノロジーを利用した治療法や診断法、プラットフォーム技術などのパイプラインを有し、研究開発重視の姿勢を明確にしている組織が登場します。サービスプロバイダーは、対象となりませんが、スポンサーとしてご参加いただくことは可能ですので、Fabien Rabanal (frabanal@bio.org) までご連絡ください。

プレゼンテーションの枠を確保するにはどうすればよいのですか。

プレゼンテーションを希望される企業や団体は、ここから 申込フォームに必要事項を記入して提出してください。申込受付後、審査状況などについてご連絡します。また審査を通過した場合には、発表者の登録や事務手続きの詳しい方法などをお知らせします。審査結果が出る前に国際会議の参加登録を行うことは可能ですが、参加登録を行ってもプレゼンテーションの枠を確保できる保証はありません。

申込書提出の期限はありますか。

国際会議開幕前に十分な時間をかけて審査を行う必要があるため、申込書は、3月初めまでに提出してください。企業プレゼンテーションの申し込みは常時受け付けていますが、プレゼンテーション枠の数は限られているため、可能な限り早期の申込をお勧めします。プレゼンテーションの枠がすべて埋まってしまった場合には、キャンセル待ちリストに記載し、枠が空いた時点でお知らせします。

プレゼンテーションに関連して費用が発生することはありますか。

企業のタイプによって異なりますが、プレゼンテーション費用が発生します。「プレゼンテーション費用」は、参加登録費と合わせた金額になります。詳細は、参加登録のページ ( 北米と欧州アジア太平洋地域 に分かれています) をご覧ください。

プレゼンテーションの後で意見交換などを行うセッションはありますか。

プレゼンテーションの後、その内容について議論するためのセッションはありません。One-on-One Partneringを使い、プレゼンテーションに関心を持った相手と個別会談を行うか、会場内の交流エリアをご利用ください。

規模の小さな企業がプレゼンテーションの枠を確保する方法はありますか。

今度のBIO Asiaでも、「発芽前」の段階にあるアジア地域の研究開発型企業を対象としたプレゼンテーションの枠が設定されます。この枠を利用し、割引料金でプレゼンテーションを行うことができるのは、2012年以降に設立され、バイオテクノロジーを利用して製剤の研究開発を行っており、今回この国際会議で初めてプレゼンテーションを行う黎明期の企業です。この枠でのプレゼンテーションを希望される企業は、ここをクリックし、応募基準についての情報をご確認のうえ、申込書を提出してください。資格認定に必要な審査は、すべてBIOが行います。

プレゼンテーションを聞くことができるのはどのような方々ですか。

参加登録されている出席者や投資家であれば、だれでも企業プレゼンテーションを聞くことができます。ただし、特定の企業のプレゼンテーションだけを聞きたいと考えている個人や企業を対象とした1日だけのパスや特別な例外措置などはありません。

詳しい情報を知りたい場合の問い合わせ先はどこですか。

Brian Pinkston まで電子メールでお問い合わせください。