Small Cells Americas 2013 - スモールセル北中南米会議 2013年 -
2013年12月3 - 4日 米国、テキサス州、ダラス

ようこそ

大きな成功を収めた2012年のイベントに引き続き、Small Cells Americas(スモールセル北中南米会議)がダラスに帰ってきます。昨年12月、Addisonの会場には450名の参加者が集まり、2日間にわたって立ち見席の看板が立ち、展示会の切符は売り切れるなど、会場が極めて手狭なものとなりました。

Small Cell Forumが支持するSmall Cells Americasは、スモールセル産業に関係するすべての最新情報が得られる場所です。

2013年の新機軸

大規模な導入が実現し、その数が増加傾向にある中、導入に向けた議論においてバックホールは重要な部分となってきています。
       オペレーターはいかにして、数千にも及ぶスモールセルによって付加されたトラフィックを処理するのか?

                 LOS、NLOS・・・将来の導入に際して普及する技術があるとすれば、それはどの技術なのか?

                           多様なソリューションが存在する中、それらをすべて一緒に実行することはできるのか?
 
                                    スモールセルバックホールおよび導入のTCOとは?

この特別な並列セッションにおいて、15社の地域オペレーターおよび主要ベンダーから、バックホールソリューションの導入に際しての彼らの考え方および課題について聴取し理解しましょう。


北中南米地域向けに今年開催されるこの特別なスモールセルに関わるイベントにおいて、これら、そしてさらに多くの疑問点が取り上げられ、議論されます。

Avren主催のスモールセルイベントが特別である理由

arrow Small Cell Forumが特別に支持するこのイベントは、北中南米地域から500名を超える参加者を集めます。

arrow 今まさにスモールセルの導入を模索しているラテンアメリカのオペレーターと会いましょう。

arrow この分野における10年の経験が、コンテンツの関連性と高い質の講演を保証します。

arrow 拡張された今年度の展示場は、30の展示者によるリアルタイムデモおよび実際の製品によって埋められます。

arrow 数カ月相当の出張および調査を節約できます。SCAmericas 2013に参加して、事業を先へと牽引できる適正な人々にアクセスしましょう。